現在位置:

【広報資料】平成28年度京都市災害対策本部運用訓練の実施について

ページ番号212978

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2017年1月10日

広報資料

平成29年1月10日

行財政局(防災危機管理室 電話:212-6792)

平成28年度京都市災害対策本部運用訓練の実施について

平成28年度京都市災害対策本部運用訓練の実施について

 この度,京都市では,大規模地震を想定した災害対策本部運用訓練を下記のとおり実施しますので,お知

らせします。

 今年度の災害対策本部運用訓練は,平成28年4月に発生した熊本地震における現地での課題を踏まえ,

物資調達・配分訓練,オープンスペース調整訓練及び広報・広聴訓練を実施し,災害対応力を高めて参り

ます。

 ※ オープンスペースとは,大規模災害発生時の住民の避難,救出・救助活動や復旧・復興に必要な災害

  対策の拠点となるスペース

     平成27年度市災害対策本部訓練の様子

       平成27年度市災害対策本部訓練の様子

1 訓練日時

   平成29年1月17日 火曜日  午前9時30分~11時30分

2 訓練場所

 ⑴ 市災害対策本部訓練

   消防局本部庁舎7階作戦室

 ⑵ 区・支所災害対策本部訓練

   各区役所・支所

3 訓練想定

  花折断層を震源とするマグニチュード7.5の都市直下型地震が休日の午前6時に発生し,京都市内に甚大な

被害が発生している。

4 訓練概要

⑴ 物資調達・配分訓練

  熊本地震の際,政府が具体的な要請を待たずに物資を輸送するプッシュ型支援が行われたことや,支援要請

 した自治体等から大量の支援物資が送られたことから,需給調整が円滑に実施できなかった,物資の集積,搬

 送及び管理に係る図上シミュレーション訓練を実施します。

⑵ オープンスペース調整訓練

  大規模災害発生時,救助・救出,応急復旧や復興対策など多目的に利用されるオープンスペースの需要を把

 握し,円滑に土地利用を調整するオープンスペース調整訓練を実施します。

⑶ 広報・広聴訓練

  市民,報道機関等からの問合せに対応するとともに,正確な情報を速やかに発信するため,災害情報等をとり

 まとめ,報道機関等へ広報を行う実動訓練及びコールセンターや消費生活総合センターへの市民からの問合せ

 に対応するための実動訓練を実施します。

⑷ 区役所・支所災害対策本部訓練

  各区役所・支所の業務継続計画(BCP)により実施する非常時優先業務の中から,「初動」の活動について,実

 動訓練を実施します。

5 講評

  訓練終了後,消防局本部庁舎7階作戦室において,市長から訓練講評を行います。

平成28年度京都市災害対策本部運用訓練の実施について

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

お寄せいただいたご意見は,今後のホームページ運営の参考とします。

お問い合わせ先

京都市 行財政局防災危機管理室

電話:075-212-6792

ファックス:075-212-6790