現在位置:

「京都市公共施設マネジメント基本方針(案)」について

ページ番号162343

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2014年2月14日

「京都市公共施設マネジメント基本方針(案)」について

 京都市では,「「はばたけ未来へ 京プラン」実施計画」(以下「実施計画」という。)(平成24年3月策定)において,「市有建築物(学校,市営住宅その他の公共施設)の最適な維持管理の推進」を具体的取組項目として掲げています。

 また,公共土木施設(道路施設,河川施設等)につきましても,実施計画の政策編(「重点戦略」の推進)に「橋りょうの耐震補強・老朽化修繕の推進による安心・安全な市民生活の確保と災害時における都市機能の確保」を掲げるなど,最適な維持管理の取組を推進することが重要となっております。

 これらを踏まえ,公共建築物(学校,市営住宅,市民利用施設,庁舎等)のみならず,公共土木施設を含む公共施設に係る現状と課題を分析したうえで,効率的かつ効果的な維持修繕の実施による長寿命化や施設保有量の最適化など,保有する公共施設を資産として最適に維持管理し,有効活用を図る取組(公共施設マネジメント)の進め方などについて,検討を進めてまいりました。

 この度,取組を推進するに当たっての基本的な考え方や取組の進め方等を,「京都市公共施設マネジメント基本方針(案)」として取りまとめ,公表しましたので,お知らせします。

1 「京都市公共施設マネジメント基本方針(案)」について  

 京都市公共施設マネジメント基本方針(案)の本冊及び概要版につきましては,以下のPDFファイルを御覧ください。

2 今後の予定について

 平成25年度中には,「京都市公共施設マネジメント基本方針」を策定し,公表いたします。

 さらに,平成26年度において,同方針を踏まえ,具体的な取組施策や事業,推進体制等について取りまとめた,「京都市公共施設マネジメント基本計画(仮称)」(「公共建築物編」及び「公共土木施設編」)を策定のうえ,本格的な公共施設マネジメントの取組を推進してまいります。

              

お問い合わせ先

京都市 行財政局資産活用推進室

電話:075-222-3281

ファックス:075-212-9253