現在位置:

きょうと減災プロジェクト~災害による被害を減らすために,身近な情報を共有してつながりましょう。

ページ番号124139

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2014年1月24日

きょうと減災プロジェクト始動!

協定調印式で握手をする門川京都市長とウェザーニューズ社の草開社長

 京都市では,平成24年6月14日に株式会社ウェザーニューズと協定を結び,「きょうと減災プロジェクト」を開始しました。

 このプロジェクトは,インターネット上に京都市の地図をベースとした投稿サイトを用意し,市民の皆様が身の回りの気象状況や減災に役立つ情報を写真つきで自由に投稿して,閲覧していただけるものです。

 きょうと減災プロジェクトへの参加は無料です(ただし,通信料は別負担となります。)。

きょうと減災プロジェクトのコンセプト

レポートを見てみる

 それでは,具体的に「きょうと減災プロジェクト」をご覧いただきましょう。

 画面には京都市の地図が表示されており,皆様からの投稿は,地図上にアイコンで表示され,リポート一覧に掲載されます。

きょうと減災プロジェクトの画面

 そして,地図上のアイコンをクリックするか,リポート一覧の項目をクリックすると,リポートの内容が表示されます。

 平常時は,身の回りの気象状況や身近な季節の話題などを投稿することになっています。きれいな夕日の画像や季節を現す花や動物の話題,珍しい気象現象のレポートなどが投稿されています。

 なお,内容は株式会社ウェザーニューズでチェックされ,プロジェクトの趣旨に合わない内容や公序良俗に反する不適切な投稿は掲載されないようになっています。

減災リポートを開いたところ

 災害発生時又は災害が発生しそうな気象状況のときは,リポートの内容によって分類されて,京都市内全体がどうなっているのか,大まかな状況が把握できるようになります(下の画面は,平成23年9月19日の台風のときのなごや減災プロジェクトの様子です。)。

 また,顕著な被害を生じた気象状況は,履歴として保存され,いつでもそのときの状況を検索して閲覧できるようになっています。

災害時の様子

レポートを投稿する

 レポートは,減災プロジェクトのインターネットサイトからと携帯電話のサイトのどちらからも投稿することができます。

 インターネットサイトの場合は,画面上部のメニューにある「減災カード送信」をクリックすると,次の画面が出て,この画面からレポートを投稿することができます。

 地図上で場所を指定したり,写真などの画像を添付することができます。

減災カードの送信画面

減災メールを受け取る

 減災メールとは,災害が起きそうな空模様となったときに,電子メールで知らせてくれるものです。

 具体的にはこのようなメールが届きます。

==(平成24年6月20日の台風4号接近の際の減災メール)===========================

◆台風接近、暴風雨に警戒近畿エリアに台風4号が接近しています。
本日【15時から18時】にかけて、京都市内では激しい雨が続きます。
また、風は深夜まで強く、交通機関が大きく乱れる恐れがあります。
外出を控えるか、すでに外出の方は15時までに帰宅してください。
:自動車をご利用の方道路では冠水、また低地では浸水などの被害が出る恐れがあります。
特に冠水しやすいアンダーパス(地下道)は警戒してください。
:土砂崩れにご注意を大雨が長時間続く場合、土砂崩れの可能性もあります。斜面の近くには近づかないようにしてください。
▼最新情報を確認 http://wni.jp/?kyoto外部サイトへリンクします

======================================================================

 減災メールを受信するためには,あらかじめメールアドレスの登録が必要です。次がメールアドレスを登録する画面です。

減災メールの登録画面

避難所や浸水想定区域の情報を見る

 きょうと減災プロジェクトでは,京都市内の指定避難所に関する情報と,各河川管理者が公表している洪水の浸水想定区域図を見ることができます。実際のレポートと併せて見ることが可能です。

避難所のデータを表示
浸水想定区域図を表示

市民の皆様のご参加をお待ちしています!

 平成23年3月11日に発生した東日本大震災の時には,特設サイトが開設され,被害の情報や避難所の様子など多くの情報が寄せられました。

東日本大震災特設サイトから

 災害の規模が大きくなるほど,渦中にいる人は全体の状況がわかりません。また,目の前のことは見えていても,その少し先がどうなっているのかがわからないという不安な状況に追い込まれます。

 そういったときに,「目の前の情報」を共有しあうことによって,今何が起きているのか,どうすればよいのかが見えてくるかもしれません。

 このプロジェクトは,多くの人々にご参加いただくことで,災害による被害を軽減する減災により大きな威力を発揮します。また,京都市全体の潜在的な防災力の向上につながるものと考えています。

 どうか,多くの皆様のご参加をお待ちしています。みんなで減災情報を共有することでつながりましょう。京都市も災害情報や活動状況についての情報を発信していきます。

きょうと減災プロジェクトへのアクセス

 きょうと減災プロジェクトへアクセスするためのアドレスは次のとおりです。

  インターネットサイト :http://weathernews.jp/gensai_kyoto/外部サイトへリンクします

  携帯サイト      :http://wni.jp/?kyoto外部サイトへリンクします

携帯サイトへのQRコード

携帯サイトに接続するためのQRコードです。
携帯電話のカメラで読み込んでください。

 また,京都市の防災ポータルサイト「京都市防災危機管理情報館」にもきょうと減災プロジェクトのリンクボタン(右上の黄色いボタン)をつけてあります。
京都市防災危機管理情報館の画面,右上にリンクボタンを設置
 さらに,株式会社ウェザーニューズのホームページ外部サイトへリンクしますからも,きょうと減災プロジェクトにアクセスできます。
株式会社ウェザーニューズのホームページの減災プロジェクトのメニュー

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

お寄せいただいたご意見は,今後のホームページ運営の参考とします。

お問い合わせ先

行財政局 防災危機管理室 電話: 075-212-6792 ファックス: 075-212-6790