現在位置:

自助・共助の市民力を減災に活かす~「きょうと減災プロジェクト」に関する協定締結式について

ページ番号122877

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2012年7月2日

~自助・共助の市民力を減災に活かす~ 「きょうと減災プロジェクト」に関する協定締結式について

 6月14日木曜日,京都市役所本庁舎3階第一応接室において,京都市長と株式会社ウェザーニューズの代表取締役社長 草開(くさびらき)千仁(ちひと)氏との間で,自由参加型で災害情報を提供・共有するウェブサイト「きょうと減災プロジェクト」を共同で開設するため,「きょうと減災プロジェクトの開設に関する協定」を締結しました。

1 協定締結の趣旨

  •   「きょうと減災プロジェクト」とは,インターネット上に市民が身の回りの気象状況や減災に役立つ情報などを自由に投稿し,誰もが自由にその情報を閲覧できる情報サイトを開設することで,市内各所で観測された自然現象や災害に関する情報等を共有し,市民自らが災害に備え,災害による被害を軽減していこうとする取組を促進するための取組をいいます。
  •  京都市と株式会社ウェザーニューズが共同で,「きょうと減災プロジェクト」に取り組みます。
  • 株式会社ウェザーニューズがインターネット上の減災プロジェクトサイトを用意し,運営します。
  • 京都市は,減災プロジェクトサイトの構築に必要なデータを提供するとともに,多くの市民に本プロジェクトに御参加いただけるよう広報や防災施策での活用を図っていきます。

2 協定締結式

(1) 日時
  平成24年6月14日(木曜日) 午後1時00分 ~ 2時00分

(2) 場所
  京都市役所本庁舎3階 第一応接室

(3) 出席者
  京都市長 門川 大作
  株式会社ウェザーニューズ 代表取締役社長 草開 千仁 氏

(4) 次第
  ア 開会
  イ 協定内容・プロジェクト概要説明
  ウ 協定書署名・交換
  エ ウェザーニューズ代表取締役社長あいさつ
  オ 市長あいさつ
  カ 閉会・記念撮影
  キ 質疑応答

門川市長及び草開社長のあいさつと質疑応答はこちらへどうぞ

 

市役所本庁舎第一応接室の協定調印式会場

市役所本庁舎3階第一応接室東側にしつらえた協定調印式会場

株式会社ウェザーニューズによるプレゼンテーションと協定書への調印の様子

株式会社ウェザーニューズによるプレゼンテーションと協定書への調印の様子

協定書を手に握手をする門川京都市長と草開社長

協定書を手に握手をする門川京都市長と草開社長

参加者全員で記念撮影

参加者全員で記念撮影
左から,下遠防災危機管理室長,藤原危機管理監,門川京都市長,草開社長,減災プロジェクトリーダー宇野沢氏,中上氏

お問い合わせ先

京都市 行財政局防災危機管理室

電話:075-212-6792

ファックス:075-212-6790