現在位置:

深草地域のマスコットキャラクターの愛称決定について

ページ番号147272

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2013年4月4日

深草地域のマスコットキャラクター 愛称決定!

深草うずらの「吉兆(きっちょう)くん」に愛称が決定しました。


深草うずらの「吉兆くん」

 

 皆様に親しまれるキャラクターになることを願って愛称を募集しましたところ,全国から,応募総数275件とたくさんの応募をいただきました。

 厳正に選考を行なった結果,以下のとおり愛称を決定いたしましたのでお知らせいたします。

 応募をいただきました皆様に,心よりお礼申し上げます。

 

愛称

深草うずらの「吉兆(きっちょう)くん」

選考理由

 うずらの鳴き声が「ご吉兆(きっちょう)」と聞こえることから,古くから「縁起がよい鳥」として,親しまれていたとも言われています。

 その鳴き声にあやかり,「幸せの運び手」として,深草地域に「吉(きち)」をもたらすようにとの思いを込め,選考いたしました

入賞

【最優秀賞】

・吉兆(きっちょう)くん 吉田慶嗣さん

【優秀賞】

・ウズわらのウズなりくん 美濃桂さん

・ウズラー(2名) 池永行栄さん,杉本三千代さん

 

 「吉兆くん」は,深草地域の魅力を多くの方々に伝え,地域の盛り上げ役として,活躍します!

 また,入賞いたしました「ウズわらのウズなりくん」や「ウズラー」についても,「吉兆くん」とともに,今後さまざまな形で登場する予定です。お楽しみに♪

 

なぜ「うずら」なの?

 深草にはかつて多くのうずらが生育し,深草は「うずらの里」と呼ばれていたことから,「うずら」をモチーフにしたキャラクターが誕生しました。

~ 夕されば 野辺の秋風 身にしみて 鶉(うずら)鳴くなり 深草の里 ~ (藤原俊成)

※ 藤原俊成:平安朝末期の歌人の一人であり,こよなく深草に親しんだ人でもあります。

 この和歌にも詠まれていることからも,その様子がうかがえます。

お問い合わせ先

京都市 伏見区役所深草支所地域力推進室まちづくり推進担当

電話:075-642-3203

ファックス:075-641-0672