現在位置:

「伏見をさかなにざっくばらん」にて提案された事業をご紹介します~第4回を終えて~

ページ番号130521

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2012年10月29日

「伏見をさかなにざっくばらん」とは

 「伏見をさかなにざっくばらん(通称:ふしざく)」は,それぞれが抱いている伏見のまちへの“思い”をざっくばらんに出し合い,コミュニケーションを取りながら議論を深め,まちづくり活動を実践するための場です。

 1,2回目は,伏見でまちづくり活動をしたい,伏見を盛り上げたいという思いの方々が集まり,課題や夢を語り合い,仲間を増やしていきました。

 3回目は,それぞれの参加者が実現したい事業を提案し,仲間を集め,事業実現に向けての思いを語り合いました。

 そして9月29日に行われた第4回は,第3回に引き続き,事業提案をし,それに賛同する仲間とそれぞれ話し合いながら思いを強め,実現したい事業を企画概要書にまとめました。

アイスブレーキング

アイスブレーキング(※)のようす
※アイスブレーキング…初対面の参加者同士の緊張をほぐすエクササイズ(グループワーク)

ワークショップ

ワークショップのようす

模造紙

ワークショップの際に,話し合いの内容や感じている事など,模造紙に自由に書きだしてもらいました。

企画概要書

企画概要書完成!!

事業提案一覧

 第4回に提案されたの事業の一覧です(※一部表現を修正しています)。

 興味のある事業がありましたら,第5回(10月27日)からでも,是非ご参加ください。新規の申込みも大歓迎です。

 参加申し込みにつきましては,開催日前日までに(1)お名前(2)所属団体名(すでに活動されている場合)(3)連絡先(メールアドレス,FAX番号,電話番号)をメール(fushimi-keiji@city.kyoto.jp), FAX(611-4716),電話(611-1295)で,地域力推進室総務・防災担当までお知らせください。

 第5回の詳細につきましてはこちらをご覧ください。

 

第4回に提案された事業

     企 画 名

               概     要

伏見西部地域を元気にしよう

子どもから高齢者までの多世代交流,居場所づくりを考えるとともに,まちを活性化し,住みやすいまちになるよう考える。

伏見の「ゆるキャラ」をつくろうよ

伏見の目玉として,伏見の「ゆるキャラ」を作り,踊りを踊らせるなどして伏見を盛り上げる。

伏見・ザ・ポータル

伏見と大学生をつなぐため,大学の新入生向けに伏見の魅力を紹介したもの(パンフレット,サイト)を作る。

日本酒を肴に“ざっくばらん”

伏見といえば日本酒。日本酒を中心に,色々な世代の方が集まり話し合う場所を作る。

ゴミ(CO2)を減らして,おひさま発電所をつくろう!!

伏見区内の事業系のゴミを減らして,減らした費用でおひさま発電所(太陽光発電)を作る。

若者向け居場所づくり

中・高・大学生等若者が寄り所とする居場所を作る。

老人と学生の交流

老人と学生が交流できる居場所を作る。

楽しいふれあいの街伏見“街コン”で伏見を元気に

シニア層の活性化のために,趣味を通じた“街コン”(ふれあいの場)を開催する。

ぼうけん遊び場をつくろう

近所にある公園や自然の中に,子どもがのびのび遊べる遊び場を作る。

子どもと社会をつなぐコミュニティー作り

子どもたちが社会に出るまでの居場所や遊び場を作る。

アートの街伏見

伏見のまちで絵を描くことで,魅力あるまちを知ってもらう。

伏見の昔話をほりおこそう!

伏見の昔話を「絵本」や「まち歩き」につなげることで,伏見の活性化を図る。

スタジアムを横大路に

スタジアムの誘致を機に,伏見区を活性化させるとともに,青少年の健全育成にも努める。

桃山プロジェクト

今ある桃の木のありかを調べつつ,桃を植え,桃山を桃でいっぱいにする。

お問い合わせ先

京都市 伏見区役所地域力推進室総務・防災担当

電話:庶務担当:075-611-1293 地域防災担当,調査担当,企画担当:075-611-1295

ファックス:075-611-4716