スマートフォン表示用の情報をスキップ

現在位置:

京都市エネルギー政策推進のための戦略

ページ番号B-215

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2017年12月20日

京都市エネルギー政策推進のための戦略

本市では,市民,事業者に最も近い基礎自治体として,また,エネルギーの大消費地として,「市民の安心・安全」,「市民生活,経済活動・雇用」,「低炭素社会の構築」等,総合的な観点を踏まえ,本市が推進すべきエネルギー政策の方向性を示す「京都市エネルギー政策推進のための戦略」を平成25年12月に策定しました。

○ 基本方針
<目指すべき姿>
 市民の生活の質の維持・向上につながる「原子力発電に依存しない持続可能なエネルギー社会」
<戦略推進のための4つの視点>
 (1) 「自治の精神」が息づくまち・京都の市民力,地域力を生かす
 (2) 常に進取の気風に富んだ京都の先進性を生かす
 (3) 産学公連携による「知の創造」と「知の活用」を生かす
 (4) 京都の地に与えられた豊かな自然の恵みを最大限に生かす

○目標 <2010(平成22)年度→2020(平成32)年度>
<省エネルギー>
 ○ 年間のエネルギー消費量を15%以上削減
<再生可能エネルギー>
 ○ 再生可能エネルギーの導入量を3倍以上に増加

○施策推進の方向性・リーディングプロジェクト
「戦略推進のための4つの視点」を踏まえ,今後取り組むべき施策推進の方向性と,それをけん引するリーディングプロジェクト,本市の主な率先実行取組を掲げています。
<施策推進の方向性>
 ○ エネルギー需要サイドとしての徹底的な「省エネルギーの推進」
 ○ エネルギー供給面での多様な「再生可能エネルギーの飛躍的な普及拡大」
 ○ 地域全体でのエネルギー需給の最適化を図る「京都ならではのスマートシティの構築」
 ○ 持続可能なエネルギー社会の原動力となる「グリーンイノベーションの創出」
<リーディングプロジェクト>
 16項目
<本市の主な率先実行取組>
 6項目

デジタルブックを見る(49MB)
(別ウィンドウで開く)

ふりがなをはずしてご利用ください。

お問い合わせ先

京都市 環境政策局地球温暖化対策室

電話:075-222-4555

ファックス:075-211-9286

フッターナビゲーション