スマートフォン表示用の情報をスキップ

現在位置:

【広報資料】連続講座「共生社会実現のためのアーツマネジメント入門」第3回から第7回の開催について

ページ番号240169

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2018年7月12日

連続講座「共生社会実現のためのアーツマネジメント入門」第3回から第7回の開催について

平成30年7月12日

京都市文化市民局(文化芸術企画課 電話:366-0033)

 京都市では,文化芸術の力で社会的課題の緩和・解決に取り組む事例調査を踏まえ,文化芸術と社会課題をつなぎ,コーディネートするための人材育成や,文化芸術の取組に着手しようとする際の相談窓口の設置など,文化芸術による共生社会を実現するための取組として,「文化芸術による共生社会実現のための基盤づくり事業」を実施しています。

 この度,「共生社会実現のためのアーツマネジメント入門」と題した連続講座(全7回)の第3回から第7回講座を下記のとおり開講することが決まりましたので,お知らせします。

 ※第1回,第2回に参加いただいていない方でも,お申込み可能です。

 ※アーツマネジメントとは美術館,劇場,コンサートホールなどの文化施設を拠点として,アート(アーティスト)と社会を効果的につないでゆく仕事のことですが,本講座では,高齢者施設をはじめとする福祉施設,病院,被災地などといった,これまでアートとは疎遠と思われてきた場所でのアーツマネジメントに焦点を当てて紹介します。

 

1 第3回「芸術実践と人権-マイノリティ,公平性,合意について(概論)」

⑴   日時:平成30年8月25日土曜日 午後1時30分~午後2時45分

⑵   会場:京都市男女共同参画センター ウィングス京都 2階 セミナー室

      (京都市中京区東洞院六角下る御射山町262番地)

⑶   講師:山田創平(京都精華大学准教授)

⑷   定員:100名

⑸   主催:京都精華大学,共催:京都市

※第3回,第4回は同日に開催します

 

2 第4回「芸術実践と人権-マイノリティ,公平性,合意について(対談)」

⑴   日時:平成30年8月25日土曜日 午後3時~午後4時30分

⑵   会場:京都市男女共同参画センター ウィングス京都 2階 セミナー室

      (京都市中京区東洞院六角下る御射山町262番地)

⑶   講師:鷹野隆大(写真家),あかたちかこ(思春期アドバイザー),山田創平(京都精華大学准教授)

⑷   定員:100名

⑸  主催:京都精華大学,共催:京都市

※第3回,第4回は同日に開催します

 

3 第5回「ホスピタル・アートの現在」

⑴   日時:平成30年10月11日木曜日 午後7時~午後9時

⑵   会場: 京都芸術センター 南館3階 ミーティングルーム2

                (京都市中京区室町通蛸薬師下る山伏山町546番地2)

⑶   講師:森合音(NPO法人アーツプロジェクト代表)

⑷   定員:40名

⑸  主催:京都市

     共催:京都精華大学,京都芸術センター

 

4 第6回 フォーラム「芸術と労働」

⑴   日時:平成30年11月23日金曜日・祝日 予定・時間未定

⑵   会場:未定

⑶   登壇:白川昌生(美術家),吉澤弥生(共立女子大学教授),三輪晃義(弁護士)

    司会:樋口貞幸(インディペンデント・アート・アドミニストレーター)

⑷   定員:未定

⑸  主催:京都精華大学,共催:京都市

 

5 第7回「表現未満-都市変革のオルタナティブ」

⑴   日時:平成30年11月29日木曜日 午後7時~午後9時

⑵   会場: 京都芸術センター 南館3階 ミーティングルーム2

                (京都市中京区室町通蛸薬師下る山伏山町546番地2)

⑶   講師:久保田翠(NPO法人アーツプロジェクト代表)

⑷   定員:40名

⑸  主催:京都市

     共催:京都精華大学,京都芸術センター

 

6 主催・共催

⑴ 京都市(主催:第5,7回,共催:第3,4,6回)

⑵ 京都精華大学「LGBTQをはじめとするマイノリティの社会包摂を視野に入れたアートマネジメント・プロフェッショナル育成事業」

    平成30年度 文化庁 大学における文化芸術推進事業(主催:第3,4,6回,共催:第5,7回)

⑶ 京都芸術センター(共催:第5,7回)

 

7 参加申込

(申込先)

  東山アーティスツ・プレイスメント・サービス(HAPS)※本事業の受託事業者

  申込フォーム:http://haps-kyoto.com/am-form/外部サイトへリンクします

  Eメール:info@haps-kyoto.com

  電話:075-525-7525 FAX:075-525-7522

 ※HAPSのウェブサイト内の申込フォーム,Eメール,FAX,電話,いずれかの方法によりお申込みください。なお,お申込みされる際は,申し込まれる講座,氏名(ふりがな),電話番号,メールアドレス,年齢,受講動機をお伝えいただきますようお願いします。              

 

8 参加費

  無料

 

【参考1】「文化芸術による共生社会実現のための基盤づくり事業」について

 文化芸術の力で社会的課題の緩和・解決に取り組む多くの活動事例を踏まえ,文化芸術と社会課題をつなぎ,コーディネートするための人材や,文化芸術の取組に着手しようとする際の相談先窓口の在り方などの企画,準備を行い,平成31年度以降の本格的な事業開始につなげていくことを目的とする事業。

※この事業は宿泊税を活用して実施しています。

 

【参考2】講師のプロフィール

〇山田創平(やまだそうへい)

 社会学者,京都精華大学准教授。名古屋大学大学院修了。博士(文学)。厚生労働省・外務省所管の研究機関などを経て現職。編著書に『たたかうLGBT&アート』(法律文化社,2016),共著書に『ミルフイユ04−今日のつくり方』(赤々舎,2012)などがある。(特活)アートNPOリンク理事,HAPS実行委員,(公財)企業メセナ協議会東日本大震災芸術・文化による復興支援ファンド(GBファンド)選考委員。

〇鷹野隆大(たかのりゅうだい)

 写真家。1987年早稲田大学政治経済学部卒業。1963年福井県生まれ。2006年にセクシュアリティをテーマにした写真集『INMY ROOM』(蒼穹舎)で第31回木村伊兵衛写真賞を受賞。「性」「都市」「近代」を題材に,社会を規定する無意識の枠組みや制度化された視角を問う作品を発表している。

〇あかたちかこ

 大阪人間科学大学・京都精華大学・関西学院大学非常勤講師,児童自立支援施設性教育講師。専門は対人援助学と性教育。エイズカウンセラーとして現場に関わりながら,児童自立支援施設や全国の中学校高校で教えている。共著書に『たたかうLGBT&アート』(法律文化社)。Woman’s Diary元編集長。

〇森合音(もりあいね)

 2005年富士フォトサロン最優秀新人賞受賞,エプソンカラーイメージアワードエプソン賞受賞,2009年独立行政法人国立病院機構香川小児病院での壁画制作をきっかけにアートディレクター(非常勤講師)として同病院勤務。2013年四国こどもとおとなの医療センター建設時,アートディレクションを担当。2017年四国こどもとおとなの医療センターが医療福祉建築賞准賞受賞。2018年公共建築賞優秀賞受賞。

〇白川昌生(しらかわよしお)

 美術家。国立デュッセルドルフ美術大学卒業(マイスター)。1970年代にフランスおよびドイツで哲学と美術を学ぶ。1983年に帰国し,1993年に地域とアートをつなぐ美術活動団体「場所・群馬」を創設。美術家としての活動の他に評論執筆活動も盛んに行う。2018年3月,白川昌生+杉田敦・編『芸術と労働』(水声社)を発刊。

〇吉澤弥生(よざわやよい)

 共立女子大学文芸学部教授,NPO法人地域文化に関する情報とプロジェクト[recip]理事,NPO法人アートNPOリンク理事。専門は芸術社会学。『芸術と労働』(水声社)に「アートマネジメントと,非物質的労働の価値」を寄稿。近著に「芸術生産の現場から考える-労働・キャリア・マネジメント」(藤井光との対談),『社会の芸術/芸術という社会』(フィルムアート社)他。

〇三輪晃義(みわあきよし)

 弁護士。1980年大阪生まれ。のぞみ共同法律事務所にて勤務。主な取扱い分野は労働事件・民事事件。日本弁護士連合会・LGBTの権利に関するPT,LGBT支援法律家ネットワーク,大阪労働者弁護団,連合大阪法曹団に所属し,LGBTや労働問題に関する活動を行っている。

〇樋口貞幸(ひぐちさだゆき)

 オフィス・へなちょこ主宰。公益財団法人沖縄県文化振興会(沖縄アーツカウンシル)チーフプログラムオフィサー(非常勤)。アートスペース,民間小劇場,アートNPOの中間支援団体での事務局勤務を経て現職。現在もフリーランスの立場でアートプロジェクトの事務局やNPOの監査を務める。

〇久保田翠(くぼたみどり)

 武蔵野美術大学造形学部建築学科卒業後,東京藝術大学大学院美術研究科デザイン専攻修了。建築設計事務所勤務。重度の障害のある長男の誕生を機に平成12年クリエイティブサポートレッツ設立。同法人理事長。平成20年,個人を文化創造の軸とする「たけし文化センター」事業を開始。平成22年障害福祉施設アルス・ノヴァ設立。平成24年のヴぁ公民館設立。平成28年より個人の生活文化を支援する「表現未満、」プロジェクトを開始。平成30年「たけし文化センター連尺町(仮)」完成予定。法人設立以来,アートを通した社会的包摂に取り組んでいる。

 

【参考3】第1回,第2回講座について

1 第1回「アーツマネジメント-社会と関わる現場をつくる」

⑴    日時:平成30年7月12日木曜日 午後7時~午後9時

⑵    会場:キャンパスプラザ京都 4階 第3講義室

⑶    講師:雨森信(Breaker Projectディレクター)

⑶    定員:90名

  

2 第2回「アートと社会包摂-アートの役割」

⑴    日時:平成30年7月19日木曜日 午後7時~午後9時

⑵    会場:キャンパスプラザ京都 4階 第4講義室

⑶    講師:中川眞(大阪市立大学特任教授)

⑷    定員:90名 

広報資料

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

お寄せいただいたご意見は,今後のホームページ運営の参考とします。

お問い合わせ先

京都市 文化市民局文化芸術都市推進室文化芸術企画課

〒604-8006 京都市中京区河原町通御池下る下丸屋町394番地 Y・J・Kビル2階

電話:075-366-0033

ファックス:075-213-3181

フッターナビゲーション