スマートフォン表示用の情報をスキップ

現在位置:

【広報資料】京都市における『東京2020オリンピック・パラリンピック フラッグツアー』の開催及び朝原宣治氏による講演会の実施について

ページ番号239658

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2018年6月29日

広報資料

平成30年6月29日

文化市民局(市民スポーツ振興室 電話:366-0168)

京都市における『東京2020オリンピック・パラリンピック フラッグツアー』の開催及び朝原宣治氏による講演会の実施について

 東京2020大会の開催に向けた日本全体での機運醸成を目的として,オリンピックフラッグ・パラリンピックフラッグが全国を巡回する「東京2020オリンピック・パラリンピック フラッグツアー」(以下、フラッグツアーという)が実施されています。

 この度,京都市において,7月31日(火曜)と8月1日(水曜)の2日間にわたり,フラッグツアーとして2会場でのフラッグ展示を行います。

 また,フラッグツアーの開催に合わせて,7月31日(火曜)には元離宮二条城においてフラッグ引継ぎ式を行うとともに,オリンピック・パラリンピックの価値を理解してもらい,スポーツの素晴らしさを感じていただくため,市内小学生を対象として,北京2008大会銅メダリスト朝原宣治氏による講演会を実施しますので,お知らせします。

1 フラッグ引継ぎ式

(1)日時:7月31日(火曜)午後1時~1時20分

(2)会場:元離宮二条城 唐門前

        (京都市中京区二条通堀川西入二条城町)

(3)出席者:門川大作市長(京都市),木村幸人副市長(宇治市),

          朝原宣治氏(オリンピアン・陸上競技/北京2008大会 銅メダル),京都市立洛中小学校児童

(4)内容:京都府内において,7月4日(水曜)より巡回してきたフラッグが,宇治市から京都市へ引き継がれます。

(5)主催:公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会/京都市

2 フラッグ展示

(1)日時:7月31日(火曜)午後3時~7時

    会場:元離宮二条城 レクチャールーム(無料大休憩所内)

        ※別途,元離宮二条城入城料必要

(2)日時:8月1日(水曜)午前10時~午後5時

    会場:京都御池地下街(ゼスト御池河原町広場)

        (京都市中京区御池通寺町東入下本能寺前町)   

(3)主催:東京都/公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会/公益財団法人日本オリンピック委員

        会/公益財団法人日本障がい者スポーツ協会日本パラリンピック委員会

    協力:京都市

3 朝原宣治氏による講演会(京都スポーツの殿堂~伝道事業~)

(1)日時:7月31日(火曜)午後2時~3時

(2)会場:元離宮二条城 レクチャールーム(無料大休憩所内)

(3)目的:オリンピック・パラリンピックの価値を理解してもらい,次代を担う子どもたちに,スポーツの素晴らしさを感じていただく。

(4)テーマ:一瞬にすべてを賭けるオリンピックへの思い

(5)出席者:京都市立洛中小学校5・6年生の児童など(約60名)

         (一般募集は行いません。)

(6)主催:京都市

講師プロフィール


 朝原宣治氏

(略歴)

 昭和47(1972)年6月21日生

 同志社大学出身,大阪ガス株式会社。陸上100m競技において,日本記録を3回更新,世界選手権国際大会でも5回準決勝に進出するなど日本陸上短距離界のパイオニアである。オリンピックに4回連続出場し,2008年北京オリンピックにおいてリレー競技で銅メダルを獲得した。

 平成22年度「第1回京都スポーツの殿堂」にて,殿堂入りされている。

 京都市在住で,現役時代には西京極総合運動公園でトレーニングに励んだ。京都市内でスポーツ教室の実施にも精力的に取り組んでいる。

4 問合せ先

京都市文化市民局市民スポーツ振興室

電話:075-366-0168

5 参考

(参考)東京2020オリンピック・パラリンピックフラッグツアーとは

 オリンピックフラッグ・パラリンピックフラッグがフラッグツアーアンバサダーとともに全国を巡回し,各々の目標に向かって努力をしている全国の子どもたち(小中学生)をはじめ,あらゆる人々にフラッグを目にしてもらうことで,オリンピック・パラリンピックの価値を理解し,スポーツを行うきっかけとしていただくことを目的としたもの。

期間:平成28年10月から平成31年3月まで

主催:東京都/公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会/ 公益財団法人日本オリンピック委員会/      

    公益財団法人日本障がい者スポーツ協会日本パラリンピック委員会

協力:実施する都道府県等

 

(参考)京都スポーツの殿堂~伝道事業~とは

 京都にゆかりのあるトップアスリートの功績を讃えるとともに,その力をもって市民スポーツの振興を図るため,平成22年に「京都スポーツの殿堂」を創設し,殿堂入りされた受賞者による講演会やスポーツ教室の実施を通して,経験,感動,生き方などを子どもたちをはじめ広く市民に伝える事業。

京都市における『東京2020オリンピック・パラリンピック フラッグツアー』の開催及び朝原宣治氏による講演会の実施について

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

お寄せいただいたご意見は,今後のホームページ運営の参考とします。

お問い合わせ先

京都市 文化市民局市民スポーツ振興室

〒604-8091 京都市中京区寺町通御池下る下本能寺前町500‐1 中信御池ビル8階

電話:スポーツ企画担当(075-366-0168),スポーツ振興担当(075-366-0169),京都マラソン担当(075-366-0314)

ファックス:スポーツ企画担当(075-213-3303),スポーツ振興担当(075-213-3367),京都マラソン担当(075-213-3367)

フッターナビゲーション