スマートフォン表示用の情報をスキップ

現在位置:

【広報資料】「京都をつなぐ無形文化遺産を,わかりやすく解説!京のほぼ30秒講座」の配信開始について

ページ番号239188

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2018年6月22日

広報資料

平成30年6月22日

京都市文化市民局文化芸術都市推進室文化財保護課(075-366-1498)

「京都をつなぐ無形文化遺産を,わかりやすく解説!京のほぼ30秒講座」の配信開始について

「京都をつなぐ無形文化遺産を,わかりやすく解説!京のほぼ30秒講座」の配信開始について

この度,京都をつなぐ無形文化遺産に選定した「京の年中行事」をわかりやすく解説するため,「水無月」や「地蔵盆」等,京都の伝統的な暮らしの文化を紹介する「京のほぼ30秒講座」の配信を開始しますので,お知らせします。

 動画は,HPやフェイスブックのほか,新たに開設するインスタグラムでも配信します。

                                       記

1 動画「京のほぼ30秒講座」

⑴ 内容

 生徒数約65万人を誇る動画授業で人気の伊藤賀一講師が,独自のトーク術で,「京の年中行事」に掲げる京都の暮らしの  文化等の30の文化について,その意味や魅力を約30秒で分かりやすく「授業形式」で紹介します。 

⑵ 配信開始時期

平成30年6月29日(金曜日)正午予定

※ 今回は「水無月」,「七夕」,「祇園祭」,「千日詣」,「五山送り火」,「地蔵盆」 の6本の動画を配信し,他の動画についても時季に即して随時配信します。

⑶ 発信媒体

・HP「京都をつなぐ無形文化遺産」 (http://kyo-tsunagu.net/外部サイトへリンクします

・フェイスブック「京都の文化遺産」 (https://ja-jp.facebook.com/kyotsunagu外部サイトへリンクします) 

・インスタグラム「京都の文化遺産」(6月29日(金曜日)開設) (https://www.instagram.com/kyotonobunkaisan外部サイトへリンクします)  

伊藤 賀一(いとう・がいち)プロフィール

1972年京都市中京区生まれ。洛南高校,法政大学文学部史学科卒業後,東進ハイスクール講師を経て,現在はリクルート「スタディサプリ」講師。生涯教育学を学ぶため43歳で一般受験して合格,早稲田大学教育学部3年に在学中。

活動は受験指導に留まらず,辰已法律研究所・池袋コミュニティカレッジ・東急セミナーBE等で,社会人向け講義も行う。多数のメディア出演やラジオのパーソナリティ,プロレスのリングアナウンサーを務めていることでも有名。

著書『世界一おもしろい日本史の授業』(KADOKAWA),『学習版日本の歴史人物かるた』(幻冬舎)など多数。

伊藤賀一

(参考)“京都をつなぐ無形文化遺産”

 京都には,時代とともに変容しながらも,世代を越えて暮らしの中で伝えられてきた数多くの無形文化遺産がありますが,定義や概念,保存団体が不明確であることから,現行の法令上,文化財としての指定・登録が困難なものもあります。

 そこで,それらの価値を再発見,再認識し,内外に魅力を発信するとともに,大切に引き継いでいこうという市民的気運を盛り上げるため,平成25年4月,無形文化遺産を守る京都市独自の仕組み「“京都をつなぐ無形文化遺産”制度」 を創設。これまで,「京の食文化」,「京・花街の文化」,「京の地蔵盆」,「京のきもの文化」,「京の菓子文化」,「京の年中行事」を選定しています。

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

お寄せいただいたご意見は,今後のホームページ運営の参考とします。

お問い合わせ先

京都市 文化市民局文化芸術都市推進室文化財保護課

〒604-8006 京都市中京区河原町通御池下る下丸屋町394 Y・J・Kビル 2階

電話:075-366-1498

ファックス:075-213-3366

フッターナビゲーション