スマートフォン表示用の情報をスキップ

現在位置:

【広報資料】WAZA(世界動物園水族館協会)への加盟について

ページ番号238345

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2018年6月5日

広報資料

平成30年6月5日

京都市文化市民局(動物園 TEL771-0210)

WAZA(世界動物園水族館協会)への加盟について

ヤブイヌ

絶滅が危惧されるヤブイヌ

  動物園では,国際的に認められた動物園であることをPRし,希少動物の導入や持続可能な繁殖,教育・研究の取組を更に進めるため,平成30年2月にWAZA(ワザ:世界動物園水族館協会)への加盟を申請しておりました。

この度,動物福祉や倫理規定に係る厳しい審査をクリアし,WAZAへの加盟が認められましたので,お知らせします。

1 加盟した理由

  持続可能な飼育動物の確保や繁殖の取組を更に推進するためには,日本国内だけではなく,世界的なネットワークと連携することが重要であり,世界各国の動物園との交流を通じ,信頼を高め,協力することで,希少動物の導入や繁殖に努めるとともに,国際的に認められた動物園であることを国内外に示すため。

2 加盟承認日

平成30年5月1日(火曜日)

 

3 経緯

⑴   平成29年12月,WAZA事務局に加盟に必要な手続を確認

⑵  平成30年1月,東京都恩賜上野動物園と大阪市天王寺動物園から加盟に必要な推薦状を受領

⑶   平成30年2月に加盟申請書をスイスのWAZA本部に提出

⑷   平成30年3月に追加書類を提出

⑸   平成30年5月17日(木曜日)にWAZA事務局長から加盟が承認されたとのメールを

受信

4 WAZA(ワザ)について

⑴   正式名称 World Association of Zoos and Aquariums

⑵     歴  史  1935年に設立した「世界動物園長連盟」を母体として発展し,2000年に 

    現在の「世界動物園水族館協会(WAZA)」となった。

⑶   ビジョンと使命   動物,種,生息環境の保全と持続可能性のために世界的に動物園と水族館 

         の潜在的可能性を達成する。

  動物園と水族館の世界的な共同体として,コミュニケーション・プラット

フォームとして機能する。

5 加盟資格

⑴    WAZAの定める動物福祉,倫理規定への同意

 ※倫理規定の例

 ・動物の福祉的な取扱い,適正な動物展示,適正な動物収集

⑵   WAZAに加盟している2園からの推薦

6 日本国内での加入団体(8団体)

(公社)日本動物園水族館協会,東京都恩賜上野動物園,東京都多摩動物公園,

横浜市緑の協会,大阪市天王寺動物園,名古屋市東山動物園,ふくしま海洋科学館,

千葉市動物公園

絶滅が危惧されるヤブイヌ

グレビーシマウマ

絶滅が危惧されるグレビーシマウマ

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

お寄せいただいたご意見は,今後のホームページ運営の参考とします。

お問い合わせ先

京都市動物園 総務課
電 話  075-771-0210
住 所  〒606-8333 京都市左京区岡崎法勝寺町岡崎公園内

フッターナビゲーション