スマートフォン表示用の情報をスキップ

現在位置:

【広報資料】京都市美術館アメニティ施設運営事業者の公募に向けた「官民対話」の実施について

ページ番号237615

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2018年5月23日

お知らせ

平成30年5月23日

文化市民局(美術館 771-4107)

京都市美術館アメニティ施設運営事業者の公募に向けた「官民対話」の実施について

 京都市では,平成31年度中のリニューアルオープンに向けて取り組んでいる京都市美術館再整備事業の一環で,カフェ,ミュージアムショップ,レストランの運営事業者募集に向けた事業者との「官民対話」を実施します。

 京都市美術館につきましては,平成27年3月に策定した「再整備基本計画」において,アメニティ機能の飛躍的な向上を図ることをコンセプトの1つに掲げています。その具体策として,新たに設ける本館地下1階部分にカフェ及びミュージアムショップのスペースを設けるとともに,付属棟(事務所棟)を民間活力の導入によりレストランに改修することとしており,今年度中に事業者を公募・選定する予定です。

 公募に先駆けて実施する,この度の「官民対話※」は,事業者の関心度を確認・醸成するとともに,活用イメージ等について幅広く意見を募集することにより,運営事業者公募における条件整備に役立てるものです。

 ※官民対話…  募集要項の作成に際して意見交換を行う事業者を募集し,事業者の参加意向や事業者がより参加しやすい

          条件を把握する手法。官民連携の促進を図るために,平成28年に国が運用ガイドを作成し,この手法を推奨し

          ている。

1 実施期間

 平成30年5月23日(水曜日)~6月20日(水曜日)

2 対話場所

 京都市美術館 付属棟

 京都市左京区岡崎円勝寺町124番地(敷地内東南角)

3 対象

 京都市美術館のアメニティ施設(カフェ,ミュージアムショップ,レストラン。いずれかでも可)の運営に対して関心があり,「官民対話」後,アンケートの提出ができる事業者

4 対話内容

  • 運営イメージ(営業時間,運営形態,サービス内容等)
  • 出店条件
  • 設備に対する意見
  • 賑わいの創出に関するアイデア 等

5 備考

  • 参加事業者の名称は公表しないものとします。
  • 「官民対話」への参加実績は,今後実施するアメニティ施設運営事業者公募の際に優位性を持つものではありません。

6 申込み・問合せ

 京都市美術館アメニティ施設担当

 TEL:075-771-4107,FAX:075-761-0444

 メール: bijutsukan@city.kyoto.lg.jp

 ※希望日の約1週間前までに,電話でお申し込みください。

カフェのイメージ

カフェのイメージ

ミュージアムショップのイメージ

ミュージアムショップのイメージ

仁王門通から見た付属棟(事務所棟)

仁王門通から見た付属棟(事務所棟)

参考資料

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

お問い合わせ先

文化市民局 美術館
電話: 075-771-4334 ファックス: 075-761-0444

フッターナビゲーション