スマートフォン表示用の情報をスキップ

現在位置:

【広報資料】「KYOTO EXPERIMENT 京都国際舞台芸術祭2018」の開催概要の決定について~今回は女性アーティストをメインに紹介します!~

ページ番号236389

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2018年4月24日

広報発表

平成30年4月24日

京都国際舞台芸術祭実行委員会(担当 文化市民局文化芸術企画課 075-366-0033)

「KYOTO EXPERIMENT 京都国際舞台芸術祭 2018」の開催概要の決定について~今回は女性アーティストをメインに紹介します!~

  平成22年度から開催し,国内外の先鋭的な舞台芸術を紹介している「KYOTO EXPERIMENT 京都国際舞台芸術祭」。市内の劇場を中心に,創造と交流の場として,京都という都市が国際的な舞台芸術のプラットフォームとなることを目指しています。

 この度,第9回目となる「KYOTO EXPERIMENT 京都国際舞台芸術祭 2018」の開催概要が決定しましたので,お知らせします。

 今回は,女性アーティスト及び女性性をアイデンティティーとするアーティスト/カンパニーに焦点を当てた全12プログラムを紹介します。また,日仏交流160周年及び京都・パリ友情盟約締結60周年を記念し,複数のフランス人アーティストの作品も上演します。KYOTO EXPERIMENT の新たな試みに,どうぞ御期待ください。

                           記

 

1 開催期間

  平成30年10月6日(土曜日)~10月28日(日曜日)

 

2 主な会場

  ロームシアター京都,京都芸術センター,京都芸術劇場春秋座 ほか

 

3  公式プログラム参加アーティスト【第一弾発表】

  ※下記3組のアーティストを含め全12作品の発表を予定。全容は後日発表します。

 

 

⑴ ウースターグループ[演劇|ニューヨーク(アメリカ)]

 

  エリザベス・ルコンプトとスポルディング・グレイによって1975年に創設された劇団。ニューヨークを拠点に活動。南北アメリカ,ヨーロッパ,アジア,オーストラリアなど世界各地へのツアー公演を展開し,ニューヨークで上演された優れた舞台に贈られるオビー賞やベッシー賞等を受賞。作品は,演劇に映像や他ジャンルのメディアを取り入れたパイオニアであり,視覚メディア,音響,建築/構成的デザイン,テクストとライブ・パフォーマンスを融合。設立以来,実験演劇の最前線に立ち続けている。2015年にはフェスティバル「サウンド・ライブ・トーキョー」にて初来日し,『初期シェーカー聖歌』を上演した。

 


Photo by Steve Gunther

⑵ フランソワ・シェニョー&セシリア・ベンゴレア[ダンス|パリ(フランス)]

 

  パリ国立高等音楽・舞踊学校に学んだフランソワ・シェニョーと,ブエノスアイレス大学で舞踊や哲学を学んだセシリア・ベンゴレア。2005年よりタッグを組むこの2人の飽くなき対話を通じて,知的かつ躍動感あふれる鮮烈な作品を生み出している。2009年にSyndicat de la Critiqueより批評家新鋭舞踊家賞を受賞。

  2014年の光州ビエンナーレでは,それまでの活動が評価され,新進アーティスト賞を受賞。フェスティバル・ドートンヌ,アヴィニヨン演劇祭をはじめとする多くの国際舞台で作品を発表している。

  KYOTO EXPERIMENTには2014年『TWERK』以来,2度目の招聘となる。

 

Photo by Takuya Matsumi

⑶ 市原佐都子/Q[演劇|東京(日本)]

 

  劇作家・演出家・小説家。1988年生まれ。桜美林大学にて演劇を学ぶ。2011年よりQ始動。モノローグを基調に生きることの不条理さ・混迷する世界で輝く人間の生命力を女性の視点で語る。俳優の身体に重きを置く演出ながら,言葉による表現・リズム感を重視した作風が特徴。

 2011年,戯曲『虫』で第11 回AAF戯曲賞受賞。2016年文芸誌「すばる」にて小説『虫』を発表。

 2017年,『毛美子不毛話』が第61 回岸田國士戯曲賞最終候補となる。同作品は,韓国ソウルマージナルシアターフェスティバル公式プログラムとして招聘され,上演。セゾン文化財団ジュニアフェローアーティスト。

 

 

Photo by Mizuki Sato

4 主 催

  京都国際舞台芸術祭実行委員会

   京都市

   ロームシアター京都(公益財団法人京都市音楽芸術文化振興財団)

   京都芸術センター(公益財団法人京都市芸術文化協会)

   京都造形芸術大学 舞台芸術研究センター

 

5 その他

   プログラムの全容は,7月上旬に行う記者会見にて発表する予定です。

   公式プログラムのほか,フェスティバル開催期間に行う様々なイベントを紹介する

  フリンジプログラム,トーク等の関連イベントを併せて開催する予定です。

 

6 問合せ先

京都国際舞台芸術祭実行委員会事務局(広報担当:豊山,ナップ)

〒604-0862 京都市中京区烏丸通夷川上ル少将井町229-2 第7長谷ビル 6F

TEL:075-213-5839 FAX:075-213-5849

e-mail:pr@kyoto-ex.jp

公式ホームページ:https://kyoto-ex.jp外部サイトへリンクします

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

お寄せいただいたご意見は,今後のホームページ運営の参考とします。

お問い合わせ先

京都市 文化市民局文化芸術都市推進室文化芸術企画課

〒604-8006 京都市中京区河原町通御池下る下丸屋町394番地 Y・J・Kビル2階

電話:075-366-0033

ファックス:075-213-3181

フッターナビゲーション