スマートフォン表示用の情報をスキップ

現在位置:

「叢書 京都の史料」第15回配本『久多荘文書』の刊行について

ページ番号236377

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2018年4月24日

「叢書 京都の史料」第15回配本『久多荘文書』

 

 京都市歴史資料館では,京都市史編さん事業開始以来収集した膨大な量の古文書類を,より利用しやすい形で系統的に提供するため,「叢書 京都の史料」として継続して刊行しています。

 この度,第15回配本として,『久多荘文書』を下記のとおり刊行します。

 

1 題名

 『久多荘文書』

2 形式

 A5版,縦二段組,約300頁,上製本,口絵及び解説付き

3 販売開始日

 平成30年4月

4 定価

 2,000円(消費税込み)

5 販売場所等

 歴史資料館において販売しています。

 郵送による販売(現金書留及び銀行・郵便局での振込)も受け付けています。お申込は歴史資料館まで。

6 参考

 『久多荘文書』について

 同文書とは,現在の京都市左京区久多(上の町・中の町・下の町・宮の町・川合町),左京区大原(尾越町・大見町・百井町)を範囲とする久多荘の中でも,特に,久多地域に伝来しました「岡田家文書」(京都市登録文化財),「東本家文書」(京都市登録文化財),「久多自治振興会所蔵文書」のことを称しています。田畠や山林の売買に関する資料が多いものの,各時代の領主による支配の実態や中世における山間村落の様子,周辺地域との関わりなどを示す貴重な文書群です。

お問い合わせ先

京都市歴史資料館
電話: 075-241-4312 ファックス: 075-241-4012

フッターナビゲーション