スマートフォン表示用の情報をスキップ

現在位置:

【広報資料】文化財保護事業及び京町家の保全に関する三者連携協定締結式の開催について

ページ番号231549

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2018年1月29日

広報資料

平成30年1月29日

文化市民局(文化芸術都市推進室文化財保護課 電話:075-366-1498)

公益財団法人京都市景観・まちづくりセンター 取次:都市計画局(まち再生・創造推進室 電話:075-222-3503)

文化財保護事業及び京町家の保全に関する三者連携協定締結式の開催について

 この度,京都市及び(公財)京都市景観・まちづくりセンターでは,日新電機株式会社が創立100周年を機に設立された(一財)日新電機グループ社会貢献基金と文化財の保存・活用及び京町家の保全に関する連携を図るための協定を締結する運びとなりました。つきましては,協定締結式を下記のとおり開催します。

 また,この協定に則して,(一財)日新電機グループ社会貢献基金から,文化市民局が所管する「文化財保護事業」に金250万円,(公財)京都市景観・まちづくりセンターが管理・運営する「京町家まちづくりファンド」に金50万円の寄附の申出があり,協定の締結に合わせ,寄付を受納しますので併せてお知らせします。

 

 

1 協定締結式

 ⑴ 日時

   平成30年2月5日(月曜日)午前10時30分~午前11時

 ⑵ 場所

   京都市役所 第一応接室(本庁舎3階)

 ⑶ 出席者

   (一財)日新電機グループ社会貢献基金:小畑 英明 理事長

   京都市:門川 大作 京都市長

        北村 信幸 文化市民局文化担当局長

        松田  彰  都市計画局建築技術・景観担当局長

   (公財)京都市景観・まちづくりセンター:青山 吉隆 理事長

 ⑷ 式次第

   開会

   出席者紹介

   協定締結

   寄附受納

   挨拶

   閉会

 

2 協定の主な内容

 ⑴ (一財)日新電機グループ社会貢献基金は,文化財の保存・活用及び京町家の保全を目的に京都市及び(公財)京都市景観・まちづくりセンターに対し,毎年度寄附を行う。

 ⑵ 京都市及び(公財)京都市景観・まちづくりセンターは,⑴の寄附を原資として以下の事業に取り組む。

   ア 文化財の維持・保存に関すること。

   イ 文化財の活用に関すること。

   ウ 京町家の保全・継承に関すること。

   エ 前各項のPRに関すること。

   オ その他本協定の目的に沿うこと。

 

【参考】「京町家まちづくりファンド」について

  京町家まちづくりファンドは,京町家の変容や減少に胸を痛めた東京在住の篤志家の方からの5千万円の寄附を契機に,国や市,多くの市民や企業等の皆様からの寄附により,平成17年9月に設立した,京町家の保全,再生,活用と歴史的な町並みの継承に向けた補助事業のための基金。

  以降,市民や企業等の皆様からの寄附を活用しながら,京町家を伝統的な外観意匠に改修するための助成事業を実施し,これまでに77棟の京町家を再生。

  http://kyoto-machisen.jp/fund/外部サイトへリンクします

 

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

お寄せいただいたご意見は,今後のホームページ運営の参考とします。

お問い合わせ先

京都市 文化市民局文化芸術都市推進室文化財保護課

〒604-8006 京都市中京区河原町通御池下る下丸屋町394 Y・J・Kビル 2階

電話:075-366-1498

ファックス:075-213-3366

フッターナビゲーション