現在位置:

【広報資料】フタユビナマケモノの死亡について

ページ番号228256

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2017年11月15日

お知らせ

平成29年11月14日

京都市文化市民局動物園(TEL:771-0210)

フタユビナマケモノの死亡について

 京都市動物園で飼育していましたフタユビナマケモノのメス「ほっこり」が,死亡しましたのでお知らせします。

                 記
1 死亡年月日
  平成29年11月14日(火曜日)

2 死亡原因
  調査中

3 死亡個体について
 ⑴ 愛称  ほっこり
 ⑵ 性別  メス
 ⑶ 年齢  推定6~7歳
 ⑷ 来園日 平成25年7月27日(土曜日)
         那須どうぶつ王国(栃木県)から来園

4 経過
  平成29年11月9日(木曜日)から食欲不振が見られ,経過を観察していたところ,12日(日曜日)に地面に体を置いた状態でとどまっていたため,入院させ治療を開始したが,14日(火曜日)午前7時35分に死亡を確認した。

(参考)フタユビナマケモノ 貧歯目(有毛目) フタユビナマケモノ科
    英名:Linné's Two-toed Sloth 学名:Choloepus didactylus
 南アメリカ北部の熱帯雨林に生息しています。木の葉や果実を食べます。かぎ爪で枝にぶら下がり,ほとんどの時間を樹上で過ごしています。
 フタユビナマケモノは,公益社団法人日本動物園水族館協会に加盟している施設において,平成28年12月31日現在,18施設で45頭(オス20頭,メス18頭,不明7頭)が飼育されています。

フタユビナマケモノのほっこり

フタユビナマケモノのほっこり

お問い合わせ先

文化市民局 動物園
電話: 075-771-0210 ファックス: 075-752-1974