現在位置:

【広報資料】京都市歴史資料館 シンポジウム「今村家文書の魅力」の開催について

ページ番号226937

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2017年10月12日

広報資料(教育同時)

平成29年10月12日

京都市文化市民局歴史資料館(075-241-4312)

京都市歴史資料館 シンポジウム「今村家文書の魅力」の開催について

 この度,京都市歴史資料館では,鴨川・高瀬川地域の歴史遺産継承・活用委員会と協力し,シンポジウム「今村家文書の魅力」を下記のとおり開催しますので,お知らせします。

                                    記

1 開催日時  平成29年11月25日(土曜) 午後1時30分~4時30分

          開場・受付開始 午後1時

2 会場  京都女子大学附属図書館(新図書館)

        〒605-0926 京都市東山区今熊野北日吉町35

        <会場へのアクセス>

          ・京阪七条駅から東へ徒歩約15分

          ・JR・近鉄京都駅中央口から市バス206・208・100系統でバス停「東山七条」,徒歩5分

          ・JR・近鉄京都駅八条口,阪急河原町駅からプリンセスラインバスで「京都女子大学前」下車

          ※プリンセスラインバスは京都女子大学前をターミナルとする路線バスです。

3 概 要  東山区の旧家に伝来する「今村家文書」を歴史学者が読み解き,江戸時代から明治維新期にかけての大       仏柳原庄の歴史など,新発見の地域の歴史を解説します。                      

4 構成 第1部 講演

                   講演1  梅田千尋氏(京都女子大学文学部准教授)

                              「領主さまはお寺さん? ―寺院領大仏柳原庄の近世」

                   講演2  井岡康時氏(同志社大学非常勤講師)

                              「奔走する今村忠次 ―明治維新と地域の再編」

      第2部 パネルディスカッション

                          コーディネーター     小林丈広氏(同志社大学文学部教授)

5 定員 90名(申込者多数の場合は,抽選を行います。)

6 受講料  無料

7 申込方法 10月17日(火曜)から11月13日(月曜)までに,電話,FAX,電子メール,いずれかの方法で,京都いつでもコール(京都市市政情報総合案内コールセンター)へお申し込みください。                             

 お申込みの際には,「講座名,住所,氏名(ふりがな),郵便番号,電話番号」をお伝えください。後日,当否にかかわらず連絡ハガキを送付します。

      [京都いつでもコール]

       電話番号 075-661-3755(みなここ)

       FAX番号 075-661-5855(ごようはここ)

       電子メール http://www.city.kyoto.lg.jp/sogo/page/0000012821.html

                   (ホームページの送信フォームを御利用ください。)

         ※お電話の際はお掛け間違いに御注意ください。

8 主催 京都市歴史資料館

      鴨川・高瀬川地域の歴史遺産継承・活用委員会

9 問合せ先  京都市歴史資料館 電話(075)241-4312

 

お問い合わせ先

京都市 文化市民局文化芸術都市推進室歴史資料館

電話:075-241-4312

ファックス:075-241-4012