現在位置:

【広報資料】京都市「真のワーク・ライフ・バランス」推進企業表彰について

ページ番号226874

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2017年10月12日

広報資料

平成29年10月12日

文化市民局(共同参画社会推進部男女共同参画推進課 電話222-3091)

京都市「真のワーク・ライフ・バランス」推進企業を表彰します!!

京都市では,「真のワーク・ライフ・バランス」の推進を通じて男女共同参画社会の実現に特に貢献していると認められる実績があり,その活動等が優れている企業を表彰しています。この度,平成29年度表彰企業を下記のとおり選定しましたので,お知らせします。

1 表彰企業

⑴ 市長賞

  二九(ふたく)精密機械工業株式会社

 

⑵ 特別賞(企業名50音順)

  ・ 社会福祉法人京都社会事業財団 高齢者総合福祉施設京都厚生園

  ・ 株式会社島津総合サービス

  ・ みやこ薬局株式会社

2 市長賞

 「真のワーク・ライフ・バランス」推進の取組や,女性の登用における取組が特に優れている企業に対して授与しています。

 二九精密機械工業株式会社

 ・ 総従業員数 176名(うち女性52名)

 ・ 事業内容  金属部品加工等

 ・ 設立     昭和28年1月31日

 ・ 代表者   代表取締役社長 二九 良三

 ・ 所在地   京都市南区唐橋経田町33-3

 <主な取組> 

  • 従業員数300名以下の企業では努力義務である,女性活躍推進法に基づく一般事業主行動計画の策定,自社でワーク・ライフ・バランスに関する従業員向けパンフレットを作成する等,従業員の「真のワーク・ライフ・バランス」の推進に積極的である。
  • 時間単位での休暇取得を可能としており(介護休暇,看護休暇等),従業員が利用しやすいよう,細やかな制度設計がされている。
  • 非正規社員から正規社員への登用を制度として導入しており,実績も多い。
  • 製造業であるが女性管理職割合が高水準である。
  • 従業員の地域活動を促進するほか,従業員に地域活動に参加する機会の提供を行っており,従業員の「真のワーク・ライフ・バランス」を推進している。

3 特別賞

 取組内容が優れている企業のうち,特筆すべき取組を行っている企業に対して授与しています。

 

 ⑴ 社会福祉法人京都社会事業財団 高齢者総合福祉施設京都厚生園

   ・ 総従業員数 149名(うち女性118名)

   ・ 事業内容  特別養護老人ホーム等の運営

   ・ 設立     昭和55年6月1日

   ・ 代表者    園長 源野 勝敏

   ・ 所在地    京都市西京区山田平尾町46番地

  <主な取組> 従業員の仕事と家庭生活の両立支援が充実

  • 人手不足が問題となっている福祉業で,休業取得者の代替要員の確保,非正規社員から正規社員への登用を積極的に行うなど,従業員の「真のワーク・ライフ・バランス」の実践に努めている。
  • 育児休業・介護休暇の取得実績が多く,特に介護休暇では,男性の取得実績がある。
  • 女性管理職割合が高い。
  • 従業員に地域活動に参加する機会の提供を行っており,従業員の「真のワーク・ライフ・バランス」を推進している。

 

 ⑵ 株式会社島津総合サービス

   ・ 総従業員数 246名(うち女性75名)

   ・ 事業内容  施設の管理,各種技術調査等

   ・ 設立     平成25年4月1日

   ・ 代表者    取締役社長 山内 幹雄

   ・ 所在地    京都市中京区西ノ京徳大寺町1 島津製作所内N5号館1F

  <主な取組> 男性の育児休業・介護休暇の取得の推進,女性の活躍推進や従業員の地域活動の促進を実施

  • 男性の育児休業・介護休暇の取得実績があるほか,女性の活躍推進のため各職場へ女性を登用し,職場改善活動への参加,資格取得のためのセミナーを受講するなど,男女が共に「真のワーク・ライフ・バランス」を実践するための取組を行っている。
  • 非正規社員から正社員への登用を制度として導入しており,実績も多い。
  • 従業員の地域活動を促進しており,従業員の「真のワーク・ライフ・バランス」を推進している。

 

 ⑶ みやこ薬局株式会社

   ・ 総従業員数 89名(うち女性75名)

   ・ 事業内容  調剤薬局の運営

   ・ 設立     平成5年5月25日

   ・ 代表者    代表取締役 西村 公男

   ・ 所在地    京都市山科区竹鼻四丁野町23番地16

 <主な取組> 従業員のライフステージに応じた働きやすい職場作りを実施

  • 従業員規模に対して,育児休業の取得実績が多く,産前・産後休業及び育児休業取得後の職場復帰率が100%である。
  • 短時間正社員制度を設けており,従業員の希望に応じて自由に切り替えを可能とすることで,従業員が働きやすい働き方を選択でき,働く時間に制約のある人でもキャリアを継続できる。
  • 従業員数300名以下の企業では努力義務である,女性活躍推進法に基づく一般事業主行動計画を策定している。
  • 従業員に地域活動に参加する機会の提供を行っており,従業員の「真のワーク・ライフ・バランス」を推進している。

 

4 表彰式

 男女が共に個性と能力を発揮し,いきいきと活躍できる社会の実現を目指し,毎年開催している,京都市男女共同参画市民会議「ウィングスフォーラム2017」において表彰式を実施します。

 ⑴ 日時  平成29年12月2日(土曜日)午後1時30分~4時(開場午後1時)

 ⑵ 場所  京都市男女共同参画センター ウィングス京都 イベントホール

 ⑶ 次第  ・ 京都市「真のワーク・ライフ・バランス」推進企業表彰式

         ・ 京都市「真のワーク・ライフ・バランス」実践エピソード表彰式

         ・ 講演 「笑って考える男女共同参画」

           講演者:瀬知山(せちやま)角(かく)  (東京大学大学院総合文化研究科教授)

 

広報資料

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

お問い合わせ先

京都市 文化市民局共同参画社会推進部男女共同参画推進課

電話:075-222-3091

ファックス:075-222-3223

メールアドレス:danjo@city.kyoto.lg.jp