現在位置:

柳原銀行記念資料館 20周年記念特別展及び記念シンポジウムの開催について

ページ番号224302

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2017年8月18日

柳原銀行記念資料館 20周年記念特別展及び記念シンポジウムの開催について

 京都市人権資料展示施設「柳原銀行記念資料館」は平成9年11月に開館し,今年度開館20周年を迎えます。記念すべき今年度は,「我ら,山水河原者の末裔なり~芸大移転に寄せて~」と題し,特別展及び記念シンポジウムを以下のとおり開催しますので,お知らせします。

1 開催趣旨

 今回の特別展は,「柳原銀行記念資料館20周年記念特別展」として,初公開の西光寺(下京区)所蔵の絵図や,昨年度の特別展で紹介した「今村家文書」をもとに,京都市立芸術大学の移転も視野に入れ,主に江戸時代に相撲の興行収入権を持つなど,芸能とも深い関わりがあったとされる崇仁地域とその人々に焦点を当てて開催します。

2 特別展

⑴ 期間   平成29年9月1日(金曜日)~10月29日(日曜日)

        休館日:月曜日,火曜日,祝休日

   ※8月30日(水曜日),31日(木曜日),11月1日(水曜日),11月2日(木曜日)は, 展示替えのため臨時休館します。

⑵ 開館   午前10時~午後4時30分

⑶ 会場   柳原銀行記念資料館(京都市下京区下之町6-3)

⑷ 入館料 無料

3 記念シンポジウム

⑴ 日時   平成29年10月28日(土曜日)午後5時~午後7時(午後4時30分開場)

⑵ 会場   崇仁船鉾保管庫(河原町塩小路下ル西側すぐ)

⑶ 内容   ア 基調報告

           山内政夫氏(柳原銀行記念資料館事務局長)「我ら,山水河原者の末裔なり~芸大移転に寄せて~」

        イ 講演

           中村伸之氏(ランドスケープアーキテクト(景観設計家))「自然という異界と交わる」

           佐藤知久氏(京都市立芸術大学芸術資源研究センター准教授)「アーカイブと歴史的想像力」

         ウ 上記3氏によるパネルディスカッション

⑷ 定員   60名(申込不要,会場での先着順)

⑸ 入場料 無料

※ 柳原銀行記念資料館及び崇仁船鉾保管庫には駐車場はありませんので,御来場の際は公共交通機関を御利用ください。

4 主催

京都市,NPO法人崇仁まちづくりの会

5 その他

記念シンポジウム当日は高瀬川音楽祭2017(崇仁エリア)もお楽しみいただけます。

⑴ 日時     平成29年10月28日(土曜日)

           午後3時~午後4時30分(午後2時30分開場)

⑵ 場所     柳原銀行記念資料館前(京都市下京区下之町6-3)

⑶ 内容     京都市立芸術大学生による演奏

⑷ 定員     60名(申込不要,会場での先着順)

⑸ 入場料    無料

⑹ 主催     高瀬川音楽祭2017実行委員会,高瀬川開削400周年記念事業事務局

⑺ 問合せ先  高瀬川音楽祭実行委員会(takasegawaongakusai@gmail.com

お知らせ

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

お寄せいただいたご意見は,今後のホームページ運営の参考とします。

お問い合わせ先

京都市 文化市民局くらし安全推進部人権文化推進課

〒604-8091 京都市中京区寺町通御池下る下本能寺前町500‐1 中信御池ビル6階

電話:075-366-0322

ファックス:075-366-0139