現在位置:

【広報資料】「立誠シネマプロジェクト×シネマカレッジ京都」の事業終了について

ページ番号221521

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2017年6月14日

広報資料

平成29年6月14日

文化市民局(文化芸術企画課 075-366‐0033)

「立誠シネマプロジェクト×シネマカレッジ京都」の事業終了について

 この度,元・立誠小学校跡地活用に係る契約候補事業者の選定に伴い,同施設で運営している

「立誠シネマプロジェクト×シネマカレッジ京都」については,平成29年8月末をもって終了することと

なりましたので,お知らせします。

なお,今秋以降,シマフィルム株式会社により,京都市内の新たな場所で同様の事業を継続される

予定です。

 

1 今後のスケジュール

  7月30日   シネマ上映を終了

  8月末     シネマカレッジを終了,上映スペース等の原状回復完了

  9月~10月頃 事業を再開

 

2 今後の継続概要

(1)基本情報

  ・事業名称:出町座(仮)

  ・主催:シマフィルム株式会社

  ・場所:京都市上京区三芳町133(出町桝形商店街内)

  ・時期:平成29年秋頃開始見込

(2)事業内容

  京都で,俳優,脚本家,映画作家,プロデューサー等を目指す者のための学びの場。「俳優コース」,

 「脚本コース」,「プロデュースコース」の三つのコースを中心に,映画製作を志す者の育成を行う。

  実際に映画を製作するプロジェクトやシマフィルム株式会社が設置する上映スペースでの映画上映

 等を実施する。

(3)問合せ先

    シマフィルム株式会社 京都オフィス

   担当:田中(090-1918-1881)

   TEL:075-201-5167 FAX:075-320-2526

 

(参考)立誠シネマプロジェクト×シネマカレッジ京都

 ・主催:シマフィルム株式会社,株式会社映画24区,京都市

 ・協力:立誠・文化のまち運営委員会

 ・経緯:平成25年度から開始。

     若手映画製作者支援の一環として,元・立誠小学校の諸室を活用し(文化 

     市民局が教育委員会に使用承認を得ている。),俳優や脚本家の養成事業

     「シネマカレッジ京都」と,映画興行の学びの場として,映画上映スペー

     ス「立誠シネマプロジェクト」を運営。

     初期の設備整備や,運営費用は,シマフィルム株式会社が負担。

 ・実績:俳優コースの修了作品として制作した映画「さよならも出来ない」は大阪

          アジアン映画祭で関西初上映。第17回TAMA NEW WAVEのコンペティショ

      ン部門にてグランプリとベスト女優賞(土手理恵子氏)を受賞している。

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

お寄せいただいたご意見は,今後のホームページ運営の参考とします。

お問い合わせ先

京都市 文化市民局文化芸術都市推進室文化芸術企画課

〒604-8006 京都市中京区河原町通御池下る下丸屋町394番地 Y・J・Kビル2階

電話:075-366-0033

ファックス:075-213-3181