現在位置:

【広報資料】「KYOTO EXPERIMENT 京都国際舞台芸術祭2017」参加アーティスト第一弾発表について

ページ番号218303

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2017年4月25日

広報発表

平成29年4月25日

京都国際舞台芸術祭実行委員会(担当 文化市民局文化芸術企画課 075-366-0033)

「KYOTO EXPERIMENT 京都国際舞台芸術祭 2017」参加アーティスト第一弾発表について

 「KYOTO EXPERIMENT 京都国際舞台芸術祭」は,平成22年より毎年秋に京都市内の劇場を中心に世界各地から先鋭的な舞台芸術を紹介してきました。今年も,8回目となるフェスティバルを10月14日から11月5日の23日間にわたって,ロームシアター京都をメイン会場に開催します。

 この度,参加アーティストの第一弾が決定しましたのでお知らせします。

 国内外のアーティストと共に作品を製作する「創造するフェスティバル」として,新作を積極的に紹介。「創造」と「交流」の実験の場として,京都という都市が国際的な舞台芸術のプラットフォームとなることを目指しています。

 今回のプログラミングに当たっては,テーマを「内なる他者との出会い」とし,アーティスト自身が地理的・ジャンル的・方法的な移動を行い,慣れ親しんだ自らの文脈を切断してみることで,自らの内でありながら《異なるもの》を見出すことを企図しています。

 また,「東アジア文化都市2017京都」の舞台芸術プログラムとして実施する中韓アーティストの公演,交流プログラムや,観劇体験を深めるための多彩な関連イベントも充実させ,様々な角度から舞台芸術の魅力に触れられる企画となっていますので,どうぞ御期待ください。

 

                           記

 

1  公式プログラム参加アーティスト(第一弾発表) 

 (1) 金氏徹平[美術・演劇/京都]

 (2) スン・シャオシン[演劇/中国(北京)]

 (3) パク・ミンヒ[パフォーマンス/韓国(ソウル)]

 (4) 田中奈緒子[インスタレーション・パフォーマンス/ドイツ(ベルリン)]

 (5) ハイナー・ゲッベルス/アンサンブル・モデルン[音楽劇/ドイツ(フランクフルト)]

 (6) 村川拓也[演劇/京都]

 (7) 神里雄大/岡崎藝術座[演劇/東京・川崎]

 (8) マルセロ・エヴェリン/Demolition Incorporada[ダンス/ブラジル(テレジナ)]

 (9) researchlight[リサーチプロジェクト/大阪]

 

 ※ 全アーティストは5月24日(水曜日)のKYOTO EXPERIMENT記者会見で発表予定。

 


 <参考>

  開催期間:平成29年10月14日(土曜日)~11月5日(日曜日)

  会  場:ロームシアター京都,京都芸術センター,京都芸術劇場 春秋座,

       京都府立府民ホール“アルティ” ほか

 

 

2 東アジア文化都市2017京都 交流プログラム

  山口情報芸術センター[YCAM]「RAM CAMP in Kyoto 2017 」

    メディア・テクノロジーを応用した新たな表現の創造拠点として名高い山口情報芸術

 センター[YCAM]と連携し,平成22年からYCAMが取り組んでいる,テクノロジーを

 通じてダンスを生み出す研究開発プロジェクト「Reactor for Awareness in Motion(略

 称:RAM)」の集中ワークショップを京都にて開催します。

  日本・中国・韓国の三箇国から募ったダンサー/振付家とプログラマーが京都で出会

 い,異なる専門分野を理解し合いながらコラボレーションを行うことで,新しい表現を

 ともに模索します。ワークショップ最終日(10月29日)には,一般公開のプレゼン

 テーションを行います。

 

3 子ども向け企画

  ダレン・オドネル/ママリアン・ダイビング・リフレックス「The Children’s Choice Awards」

  地元の小学生がフェスティバルの公式審査員を務めるプログラム。子ども達は,自分

 達の目でフェスティバルの公演を見て,自分達でオリジナルの賞を生み出し,ノミネー

 ト作品を決め,トロフィーを手作りします。会期中は,レッドカーペットを通って颯爽

 と会場に現れる子ども審査員達に出会えるかもしれません。フェスティバルの最終日

 (11月5日)に開催される授賞式では,一般の観客を迎え,子ども達自身がアーティ

 ストに直接トロフィーを授与するプレゼンターを務めます。

  企画及びナビゲーションを行うのは,ダレン・オドネルが設立し,カナダを拠点に活

 動するママリアン・ダイビング・リフレックス。彼らは芸術の社会的な役割を強く意識

 し,「人々は互いにどのように関わり合えるか」をテーマに,世界各国の都市やフェス

 ティバルで遊び心にあふれた参加型プロジェクトを実現しています。

 

4 主 催

  京都国際舞台芸術祭実行委員会

 (京都市,ロームシアター京都(公益財団法人京都市音楽芸術文化振興財団),

 京都芸術センター(公益財団法人京都市芸術文化協会),京都造形芸術大学 舞台芸術研究センター)

 

5 その他

 ○ プログラムの詳細は,5月24日(水曜日)に記者会見を行い,発表する予定です。

  <KYOTO EXPERIMENT記者会見>

  日時:5月24日(水曜日)午後3時~午後4時30分

  場所:京都芸術劇場 春秋座ホワイエ

  ※詳細は下記までお問合せください。

 ○ 上記1~3のほか,フェスティバル開催期間に行う様々なイベントを紹介する「フ

  リンジ企画」,シンポジウム,トーク等の関連イベントを併せて開催する予定です。

 

6 問合せ先

  京都国際舞台芸術祭実行委員会事務局(広報担当:豊山,多胡)

  〒604-8152 京都市中京区烏丸通蛸薬師下ル手洗水町645 flowing KARASUMA 2F

  TEL:075-213-5839 FAX:075-213-5849 (平日午前11時~午後7時)

  e-mail:pr@kyoto-ex.jp

  公式ホームページ:www.kyoto-ex.jp外部サイトへリンクします

詳細資料

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

お寄せいただいたご意見は,今後のホームページ運営の参考とします。

お問い合わせ先

京都市 文化市民局文化芸術都市推進室文化芸術企画課

〒604-8006 京都市中京区河原町通御池下る下丸屋町394番地 Y・J・Kビル2階

電話:075-366-0033

ファックス:075-213-3181