現在位置:

テーマ展「京・地域のくらし2 大原 -生活と信仰-」関連イベント フィールドワーク「大原の古道を歩く」について(平成29年4月15日終了)

ページ番号218017

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2017年5月11日

 テーマ展「京・地域のくらし2 大原 ―生活と信仰―」の開催に合わせ下記のとおフりィールドワーク「大原の古道を歩く」を開催しました。

 一時雨の降る天気でしたが,34名の方に御参加いただき実施しました。ありがとうございました。

テーマ展「京・地域のくらし2 大原 ―生活と信仰―」関連イベント フィールドワーク「大原の古道を歩く」

 1 開催日時  平成29年4月15日(土曜)午前10時30分~午後3時 受付開始 午前10時

 2 集合場所  京都バス 花尻橋停留所付近 イベントの案内サイン

 3 主催     NPO法人大原里づくり協会,大原伝統文化保存会,京都市歴史資料館

 4 内容     薬師道とも呼ばれている大原戸寺町に残る旧道(若狭街道)を散策する。

           ・案内人  上田寿一ほか

           ・歩行距離約3キロメートル

           ・昼食(戸寺公民館にてバーベキュー(大原の野菜・野草・鹿肉等))

 5 定員    30名(申込み多数の場合は抽選)

 6 参加費   3,000円(散策資料・昼食費等込み) ※ 現地にて現金でいただきます。

お問い合わせ先

京都市 文化市民局文化芸術都市推進室歴史資料館

電話:075-241-4312

ファックス:075-241-4012