現在位置:

【広報資料】「第2期 京都文化芸術都市創生計画」の策定について

ページ番号216895

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2017年3月27日

「第2期 京都文化芸術都市創生計画」の策定について

平成29年3月27日

文化市民局文化芸術都市推進室文化芸術企画課(TEL075-366-0033)

 京都市では,「京都文化芸術都市創生条例」に掲げた事項の実現のための具体策をまとめた京都文化芸術都市創生計画(以下「創生計画」という。)の取組期間が今年度末をもって終了するため,第2期の創生計画の策定に向け,検討を進めてまいりました。

 この度,「京都文化芸術都市創生審議会」や,市民の皆様,幅広い関係団体等からの御意見を踏まえ,「第2期 京都文化芸術都市創生計画」を策定しましたので,お知らせします。

 

 

1 計画の期間

  平成29年4月~平成39年3月

 

2 計画の概要

 基本方針のもと4つの方向性,8つの最重要施策を掲げ,文化芸術を基軸として,産業,観光,教育などあらゆる政策分野を融合し,全132施策・事業の取組を推進します。

 

 ⑴ 基本方針~文化芸術都市の創生に向けて

   「成熟した都市文化を基盤に新しい文化を創造し続けるまち」

 

 ⑵ 方向性

   方向性1:暮らしの文化や芸術に対する豊かな感受性をもった人々を育む

   方向性2:多様な文化が根付く暮らしの中から,最高水準の文化芸術活動を花開かせる

   方向性3:京都の文化芸術資源を活用し,文化を基軸にあらゆる政策分野との融合により,新たな価値を創造する

   方向性4:様々な文化交流を推進し,京都の魅力を発信する

 

 ⑶ 最重要施策

   ・「地域に根差した暮らしの文化」の振興

   ・「光」「音」「香り」などで彩られた五感で感じる京都の景観の継承と活用

   ・伝統芸能文化の振興に向けた先駆的取組の実施

   ・芸術家の社会的,経済的地位の向上につながる各種取組の推進

   ・京都市美術館の再整備の推進

   ・世界遺産・二条城が文化財保存と活用のモデルとなる取組の実施

   ・文化庁の全面的な移転に向けた取組の着実な推進

   ・「東京オリンピック・パラリンピック」「関西ワールドマスターズゲームズ2021」等を契機とした

    国際的な文化の祭典の開催とその成果の継承

 

3 周知方法

 平成29年3月27日(月曜日)午後3時から,文化市民局文化芸術企画課のホームページ(京都市情報館)に公開します。

 なお,周知用の冊子は,4月上旬頃から市役所,区役所・支所,京都芸術センター等に配架します。

計画冊子

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

お寄せいただいたご意見は,今後のホームページ運営の参考とします。

お問い合わせ先

京都市 文化市民局文化芸術都市推進室文化芸術企画課

〒604-8006 京都市中京区河原町通御池下る下丸屋町394番地 Y・J・Kビル2階

電話:075-366-0033

ファックス:075-213-3181