現在位置:

【広報資料】京都市文化財保護審議会の開催について

ページ番号214626

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2017年2月9日

広報資料(教育同時)

平成29年2月9日

文化市民局(文化芸術都市推進室文化財保護課 電話 075-366-1498)

京都市文化財保護審議会の開催について

 京都市では,日本の歴史や文化を知るうえで欠くことのできない貴重な文化財を次の世代に継承していくため,京都市文化財保護条例に基づき,「京都市文化財」として順次指定・登録し,その保護と活用を図っています。

 この度,第35回目となる京都市指定・登録文化財候補物件の答申を受けるため,京都市文化財保護審議会を下記のとおり開催しますので,お知らせします。
                    記

1 日時

平成29年2月21日(火曜日)午前10時~正午

2 場所

京都市文化財建造物保存技術研修センター(京都市東山区清水二丁目205番地の5)

3 付議案件

⑴建造物                   堀川(ほりかわ)第一橋(だいいちきょう)(中立売(なかだちうり)橋(ばし))

⑵建造物                   櫻谷(おうこく)文庫(ぶんこ)(旧木島櫻谷家(きゅうこのしまおうこくけ)住宅(じゅうたく))

⑶建造物              大原野(おおはらの)神社(じんじゃ) 摂社(せっしゃ)若宮社(わかみやしゃ)

⑷美術工芸品(絵画)      紙本金地著色(しほんきんじちゃくしょく)唐獅子図(からじしず)(養源院)

⑸美術工芸品(彫刻)      木造阿弥陀如来立像(もくぞうあみだにょらいりゅうぞう)(上徳寺)

⑹美術工芸品(考古資料)   鳥羽離宮金剛心院跡(とばりきゅうこんごうしんいんあと)出土品(しゅつどひん)

⑺美術工芸品(古文書)     実相院(じっそういん)文書(もんじょ)

⑻記念物(名勝)           伏見稲荷大社(ふしみいなりたいしゃ)松(まつ)の下屋(したや)

4 委員

第18期(平成28・29年度)京都市文化財保護審議会名簿
 氏名 職名 専門
 尼崎 博正 京都造形芸術大学教授 庭園史
 石田 潤一郎 京都工芸繊維大学教授 建築史
 泉 万里 静岡県立美術館学芸部長 美術史
 井上 満郎  京都市歴史資料館館長 日本史
 上原 真人

 (公財)辰馬考古資料館長

 考古学
 黒田 慶子 神戸大学大学院教授 森林学
 小椋 純一 京都精華大学教授 植物学
 下坂 守 京都国立博物館名誉館員 日本史
 関根 俊一 奈良大学教授 工芸史
 高橋 康夫

 京都大学名誉教授

 花園大学教授

 建築史
 瀧浪 貞子 京都女子大学名誉教授 日本史
 伊達 仁美 京都造形芸術大学教授 民俗学
 西岡 陽子 大阪芸術大学教授 民俗学
 根立 研介 京都大学大学院教授 美術史
 日向 進 京都工芸繊維大学名誉教授 建築史
 八木 透 佛教大学教授 民俗学
 山路 興造 元京都市歴史資料館館長 民俗学
 吉田 高子 元近畿大学教授 建築史
 和田 晴吾

 立命館大学名誉教授

 兵庫県立考古博物館館長

 考古学

5 傍聴

⑴定員  10名(申込多数の場合は抽選) 

⑵申込方法  往復はがきによる申込み(1通につき1名)

 ○往信の裏 住所,氏名,年齢,電話番号

 ○返信の表 郵便番号,住所,氏名

  なお,宛先の横に「審議会傍聴希望」と朱書きしてください。

⑶申込先  京都市文化市民局文化芸術都市推進室文化財保護課

  〒604-8006 

  京都市中京区河原町通御池下る下丸屋町394 Y・J・Kビル2階

⑷申込締切  平成29年2月16日(木曜日)必着

京都市文化財保護審議会の開催について

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

お問い合わせ先

京都市 文化市民局文化芸術都市推進室文化財保護課

〒604-8006 京都市中京区河原町通御池下る下丸屋町394 Y・J・Kビル 2階

電話:075-366-1498

ファックス:075-213-3366