現在位置:

【広報資料】「未来へつなぐ歴史的建造物等計画的修理事業」及び「京町家まちづくりファンド」への寄付受納式について

ページ番号213432

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2017年1月13日

「未来へつなぐ歴史的建造物等計画的修理事業」及び「京町家まちづくりファンド」への寄付受納式について

この度,日新電機株式会社から,文化市民局が所管する「未来へつなぐ歴史的建造物等計画的修理事業」に金100万円,公益財団法人京都市景観・まちづくりセンターが管理・運営する「京町家まちづくりファンド」に金50万円の寄付の申出があり,下記のとおり寄付受納式を実施しますので,お知らせします。

1 日時

平成29年1月18日(水曜日)午後4時~午後4時30分

2 場所

京都市役所 第一応接室(本庁舎3階)

3 式次第

開会

寄付の受納

閉会

4 出席者(敬称略)

(寄付者) 日新電機株式会社 小畑 英明 代表取締役社長

 

(京都市) 門川 大作 市長

       平竹 耕三 文化芸術政策監

       松田 彰  都市計画局建築技術・景観担当局長

 

(公益財団法人京都市景観・まちづくりセンター)

       青山 吉隆 理事長

       寺田 敏紀 専務理事

(参考)

○ 「未来へつなぐ歴史的建造物等計画的修理事業」について

  東京オリンピック・パラリンピックの開催に向けて,京都の魅力を発信するため,平成26年度~31年度(オリンピック・パラリンピックの開催前年)の6箇年計画により,市指定・登録文化財建造物等を対象として,一般公開に向けた修理を集中的に行っている事業。

 

○ 「京町家まちづくりファンド」について

  京町家まちづくりファンドは,京町家の変容や減少に胸を痛めた東京在住の篤志家の方からの5千万円の寄附を契機に,国や市,多くの市民や企業等の皆様からの寄附により,平成17年9月に設立した,京町家の保全,再生,活用と歴史的な町並みの継承に向けた補助事業のための基金。以降,市民や企業等の皆様からの寄附を活用しながら,京町家を伝統的な外観意匠に改修するための助成事業を実施し,これまでに77棟の京町家を再生。

広報資料

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

お寄せいただいたご意見は,今後のホームページ運営の参考とします。

お問い合わせ先

京都市 文化市民局文化芸術都市推進室文化財保護課

〒604-8006 京都市中京区河原町通御池下る下丸屋町394 Y・J・Kビル 2階

電話:075-366-1498

ファックス:075-213-3366