現在位置:

【広報資料】冬から春へ~障壁画にみる雪景色~ 元離宮二条城「築城400年記念 展示・収蔵館」平成28年度第4期展示事業

ページ番号212330

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2016年12月16日

冬から春へ~障壁画にみる雪景色~ 元離宮二条城「築城400年記念 展示・収蔵館」平成28年度第4期展示事業

お知らせ

平成28年12月16日

京都市文化市民局(元離宮二条城事務所 841-0096)

 

この度,京都市では,「冬から春へ~障壁画にみる雪景色~」の開催について詳細が決まりましたので,お知らせします。今回は,二の丸御殿障壁画の中から,雄大な雪景山水図や冬の花鳥図,雪をまとう松に紅梅と竹が添えられた初春の光景など,様々な雪景色を選んで紹介します。

会期中には,二条城の学芸員が障壁画等について解説するギャラリートークも予定しています。是非,この機会に二条城へお越しください。

 

1 会期

平成28年12月22日(木曜)~平成29年2月26日(日曜)〔60日間〕

※12月29日~31日・1月10日・17日・24日・31日は休館します。

 

2 開館時間

午前9時~午後4時45分(入館受付は午後4時30分まで)

※二条城の入城受付は,午後4時まで。

※12月26日~28日及び1月1日~4日は庭園年末年始公開期間につき,開館時間は午前10時~午後3時45分(入館受付は午後3時30分まで),二条城の入城受付は,午後3時まで。

 

3 会場

元離宮二条城内 築城400年記念 展示・収蔵館

(京都市中京区二条通堀川西入二条城町541番地)

 

4 展示作品

(1)〈式台(しきだい)〉老中(ろうじゅう)三の間障壁画《雪中柳鷺図(せっちゅうりゅうろず)》

   〈黒書院〉一の間障壁画《松柴垣禽鳥図(まつしばがききんちょうず)》

   〈白書院〉一の間障壁画《西湖図(せいこず)》

   〈白書院〉四の間障壁画《花鳥図》

   (障壁画面数:26面)

(2)解説及び見所  別紙のとおり

 

5 入館料

100円(小学生以上)

※別途入城料(一般600円,中高生350円,小学生200円)が必要。

※12月26日~28日及び1月1日~4日は庭園年末年始公開期間につき,入城料が変更となります(一般400円,小中高生200円 ◎二の丸御殿内は非公開です)。

※未就学児,市内在住の70歳以上の方(敬老乗車証等で住所,年齢を確認できる方),各種障害者手帳等をお持ちの方については,入館料を徴収しません。

 

6 ギャラリートーク

(1)日時  平成29年1月21日(土曜) 午後2時~(約30分間)

(2)参加方法  当日,30分前から館内で受け付けます。(先着40名)

(3)参加料  入城料及び入館料で参加していただけます。

(4)内容  二条城学芸員が展示障壁画等について詳しく解説します。

 

7 お問合せ先

京都市文化市民局元離宮二条城事務所

〒604-8301 京都市中京区二条通堀川西入二条城町541番地

TEL:(075)841-0096 FAX:(075)802-6181

 

別紙:解説及び見所

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

お問い合わせ先

京都市 文化市民局文化芸術都市推進室元離宮二条城事務所

電話:075-841-0096

ファックス:075-802-6181