現在位置:

【広報資料】「プロフェッショナルに聞く!~文化庁移転と文化芸術の未来~」(第3回)の開催について

ページ番号209333

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2016年11月11日

広報資料

平成28年11月11日

文化市民局(文化芸術企画課 075-366-0033)

「プロフェッショナルに聞く!~文化庁移転と文化芸術の未来~」(第3回)の開催について

 この度,京都市では,文化庁の京都移転の機運を醸成していくため,連続講座「プロフェッショナルに聞く!~文化庁移転と文化芸術の未来~」を開催しますので,お知らせします。

 本事業では,日本全体における京都の価値,京都が引き受けるべき役割や,文化庁を「関西」として迎えるという視点を明らかにするなど,文化庁京都移転の意義や効果について検証します。

 第3回目の今回は,飯田和敏氏(立命館大学映像学部 教授)とディラン カスバート氏(有限会社キュー・ゲームス 代表取締役)をお迎えして開催します。

 

1 日時 

  平成28年12月13日(火曜日)午後7時~午後8時30分

2 場所 

  京都芸術センター 講堂

  (京都市中京区室町通蛸薬師下る山伏山町546番地の2)

3 テーマ

  「アート?遊び?ゲームクリエイターが生み出す新しい価値」

4 出演者

   飯田 和敏氏(立命館大学映像学部 教授)

  ディラン カスバート氏(有限会社キュー・ゲームス 代表取締役)

5 ファシリテータ

  平竹 耕三(京都市文化芸術政策監)

6 定員

  200名(事前申込制・先着順)

7 参加費

  無料

8 主催

  京都市

9 協力

  京都芸術センター

10 申込方法

 催し名,氏名,電話番号を添えて,京都芸術センターHP(下記にURL記載)内の

申込フォーム,電話,FAXのいずれかでお申し込みください(締切は12月12日(月曜日))。

11 申込先・問合せ先

  京都芸術センター 〒604-8156

 京都市中京区室町通蛸薬師下る山伏山町546番地の2

 TEL:075-213-1000 FAX:075-213-1004

 E-mail:info@kac.or.jp      URL:http://www.kac.or.jp/外部サイトへリンクします

 

(参考:出演者のプロフィール)

飯田和敏教授

飯田 和敏氏
 1968年東京都生まれ。多摩美術大学油絵科を卒業後,株式会社アートディンクに就職。1995年「アクアノートの休日」をディレクション。その後,有限会社パーラムを設立し,NINTENDO64 用ソフト「巨人のドシン」などの製作を手掛ける。東京工芸大学講師,デジタルハリウッド大学及び大学院客員教授を経て,2015年から立命館大学映像学部教授に就任,現在に至る。
 文化庁が主催するメディア芸術祭において,エンターテイメント部門で2009年に「審査委員会推薦作品/ディシプリン*帝国の誕生」,2011年に「優秀賞/アナグラのうた-消えた博士と残された装置」を受賞。また,2013年から3年間,同芸術祭においてエンターテイメント部門の審査委員を歴任。

ディランカスバード氏

ディラン カスバート氏
 イギリス出身のゲームクリエイター,プログラマー。17歳でイギリスのアルゴノート・ソフトウェア(現アルゴノートゲームズPLC)に就職。その後来日し,任天堂へ就職。ソニー・コンピュータエンターテインメント・アメリカ,ソニー・コンピュータエンタ―テインメント・ジャパンを経て,2001年9月,京都市中京区に有限会社キュー・ゲームスを立ち上げる。現在,同社代表取締役。
 同社の代表作品は,NINTENDO 3DS用ソフト「スターフォックス64 3D」,PlayStation3用ソフト「PixelJunkTM」シリーズなど。現在,最新作 PlayStation4用ソフト「トゥモロー チルドレン」を配信中。

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

お寄せいただいたご意見は,今後のホームページ運営の参考とします。

お問い合わせ先

京都市 文化市民局文化芸術都市推進室文化芸術企画課

〒604-8006 京都市中京区河原町通御池下る下丸屋町394番地 Y・J・Kビル2階

電話:075-366-0033

ファックス:075-213-3181