現在位置:

【広報資料】~大政奉還150周年記念プロジェクト~ 幕末維新に縁を持つ全国18都市が連携し実施! ~新たに岡山県高梁市が本プロジェクトに参画!~

ページ番号206754

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2016年11月16日

広報資料

平成28年10月13日

文化市民局(文化芸術企画課 366-0033)

幕末維新に縁を持つ全国18都市が連携し実施!~新たに岡山県高梁市が本プロジェクトに参画!~

 平成29(2017)年は,武家政権が終わりを告げ,新しい国づくりへの転換期となった慶応3(1867)年の「大政奉還」から150年の節目を迎えます。

 京都市では,この機を捉え,幕末維新に京都で活躍した先人たちとゆかりを持つ都市と相互に交流・連携を図る記念事業に取り組んでいます。

 この度,本事業に,岡山県高梁市が参画することとなりましたので,お知らせします。

 今後,高梁市をはじめ全国の幕末維新に縁を持つ18都市が連携し,記念事業に取り組んでまいります。

 

(参考1)大政奉還150周年記念プロジェクト参画都市

大政奉還150周年記念プロジェクト参画都市

 

都市名

幕末維新に活躍した先人たち

1

会津若松市 

松平容保(会津藩主,京都守護職),山本覚馬(会津藩士)

2

千代田区

徳川慶喜(将軍),大村益次郎(長州藩士),品川弥二郎(長州藩士)

3

品川区

坂本龍馬(土佐藩士),伊藤博文,高杉晋作(長州藩士)

4

調布市

近藤勇(新選組局長)

5

日野市

土方歳三(新選組副長),井上源三郎(新選組隊士)

6

上田市

赤松小三郎(上田藩士)

7

福井市

松平春嶽(福井藩主),橋本左内,由利公正(福井藩士)

8

桑名市

松平定敬(桑名藩主,京都所司代)

9

高梁市

板倉勝静(備中松山藩主),山田方谷(備中松山藩士)

10 

福山市

阿部正弘(福山藩主),坂本龍馬(土佐藩士)

11

萩市

木戸孝允,吉田松陰,高杉晋作,久坂玄瑞(長州藩士)

12

下関市

坂本龍馬(土佐藩士),高杉晋作(長州藩士)

13

宇和島市

伊達宗城(宇和島藩主),大村益次郎(長州藩士)

14

高知市

山内容堂(土佐藩主),坂本龍馬,後藤象二郎(土佐藩士)

15

熊本市

横井小楠,宮部鼎蔵,河上彦斎(熊本藩士)

16

霧島市

坂本龍馬(土佐藩士)

17

鹿児島市

島津久光(薩摩藩主後見),西郷隆盛,大久保利通,小松帯刀(薩摩藩士)

18

京都市

孝明天皇(天皇),岩倉具視,三条実美(公家)

 

(参考2)大政奉還150周年記念プロジェクトについて

  平成29(2017)年は,二条城において,徳川慶喜が朝廷への政権返上を表明した「大政奉還」から150年を迎えます。

  この機を捉え,京都市をはじめ幕末維新に京都で活躍した先人たちと縁を持つ都市が相互に連携・交流を図りながら,

 以下を目的とした記念事業を実施します。

  ⑴ 幕末,京都で活躍した先人たちの歩みを,近年の研究成果を踏まえ,改めて再評価

  ⑵ 幕末維新をテーマとした文化・観光等の振興

  ⑶ ⑴⑵を通じた「都市間連携による地方創生」のモデルの構築

  本プロジェクトを通して,国の将来を案じて行動した先人たちの歴史に学び,地域でつながりながら,未来に活かす

 取組を進めてまいります。

 

(参考3)高梁市について

 ⑴ 「大政奉還」との関わり

   幕末の備中松山藩主で,時の将軍徳川慶喜の老中首座であった板倉勝静は,「大政奉還」の決定に深く関与し,

  勝静の政治顧問を務めた山田方谷が「大政奉還」の上奏文草案を作成したともいわれている。

 ⑵ 幕末維新に縁を持つ主な人物

  ア 板倉 勝静(いたくら かつきよ)

    備中松山藩主。徳川慶喜が将軍に就任すると老中首座に任じられ,慶喜を補佐。幕府の終焉を見届ける。

  イ 山田 方谷(やまだ ほうこく)

    備中松山藩士。儒学者。藩主板倉勝静により藩の財政責任者に登用され,藩政改革に着手。7年間で10万両の

   借財を返済し,10万両を蓄財する成果を導く。                                  

 ⑶ 幕末維新の主な舞台

  ア 備中松山城

    板倉氏の居城。全国の山城で,唯一現存する天守は,重要文化財に指定。近年,雲海に浮かぶ「天空の城」と

   呼ばれる幻想的景観で全国的に脚光を浴びる。

  イ 方谷園(ほうこくえん)

    山田方谷をはじめとする山田家の墓所

(参考4)「大政奉還150周年記念プロジェクト」高梁市紹介ページ(一部)

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

広報資料

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

お問い合わせ先

京都市 文化市民局文化芸術都市推進室文化芸術企画課

〒604-8006 京都市中京区河原町通御池下る下丸屋町394番地 Y・J・Kビル2階

電話:075-366-0033

ファックス:075-213-3181