現在位置:

【広報資料】グランドオープン記念イベント 第11弾 夜の図書館カフェ DE トークの開催について

ページ番号206165

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2016年9月30日

広報資料

平成28年9月30日

文化市民局(動物園 TEL771-0210)

グランドオープン記念イベント 第11弾 夜の図書館カフェ DE トークの開催について

  この度,京都市動物園では,グランドオープン記念イベントとして,第11弾「夜の図書館カフェ DE トーク」を下記のとおり開催しますので,お知らせします。
 閉園時間後に,正面エントランス1階の図書館カフェを利用して,参加者の皆様と様々な話題をお話しするイベントです。今回は京都大学大学院生の本郷 峻さんにお話いただきます。
 お茶を飲みながらリラックスした雰囲気の中で,真赤な鼻筋とブルーの顔こぶが魅力的なマンドリルについてお話を聞いてみませんか?

                           記

1 日時

平成28年10月23日(日曜日)午後5時30分~午後6時30分

2 会場

京都市動物園 「正面エントランス 図書館カフェ」

3 内容

「マンドリルはなぜ群れる? -ド派手なサルの謎に迫る-」
本郷 峻 氏(京都大学大学院)
※30分ほど講演し,その後に参加者の皆様とお話します。

4参加費

無料(図書館カフェSLOW JET COFFEE in the zooでの飲み物代は有料)

5 定員

約20名(先着順)

6 申込方法

 ⑴ 応募方法 メール ikimonomanabi@city.kyoto.lg.jp又はFAX 075-752-1974
 ⑵ 必要事項 催し名「夜の図書館カフェ DE トーク参加希望」,参加者の氏名(複数名の場合は全員の氏名)
 ⑶ 募集期間 平成28年9月30日(金曜日)~10月21日(金曜日)

7 問合せ先

京都市動物園 生き物・学び・研究センター
電 話 075‐771‐0210

(参考)
 アフリカ中央部の熱帯林奥深くに生息するマンドリルは,真赤な鼻筋とブルーの顔こぶが魅力的なサルです。印象的な顔立ちのマンドリルはアニメやゲームなどにも登場していますが,実はあまり知られていないもうひとつの 「かお」があります。それは,サルのなかまでは最大級,800頭を超える大集団で暮らすということです。彼らはなぜ,それほどまでに集まって暮らしているのでしょうか?私は,平成21年からガボン共和国のムカラバ国立公園で野生のマンドリルの研究を行っています。こんなに目立つキャラクターなのに,野生マンドリルの研究は驚くほど進んでいません。今回は調査中の数々の苦労話も交えながらマンドリルの謎についてひも解いていきたいと思います。

ガボン共和国での1枚

ガボン共和国での1枚

野生のマンドリル

野生のマンドリル

野生のマンドリル

野生のマンドリル

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

お寄せいただいたご意見は,今後のホームページ運営の参考とします。

お問い合わせ先

京都市動物園 総務課
電 話  075-771-0210
住 所  〒606-8333 京都市左京区岡崎法勝寺町岡崎公園内