現在位置:

【広報資料】スポーツ・文化・ワールド・フォーラム二条城文化イベントと府・市民観覧募集について

ページ番号205756

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2016年9月23日

スポーツ・文化・ワールド・フォーラム二条城文化イベントと府・市民観覧募集について

平成28年9月21日

スポーツ・文化・ワールド・フォーラム京都実行委員会(京都市文化市民局 文化芸術都市推進室 文化芸術企画課 366-0033)

 京都市では,本年10月19日(水曜日)に,文部科学省等と共催で,スポーツ・文化・ワールド・フォーラムを開催します。

 本フォーラムの一環として,初めて世界遺産二条城の国宝二の丸御殿を舞台に,約400年前,後水尾天皇の二条城行幸の際に行われた催しを再現した文化イベントを下記のとおり開催します。ついては観覧者1,000名を募集しますので,お知らせします。

1趣旨

 第三代将軍徳川家光が約400年前に二条城の大改修を行い,後水尾天皇の行幸をお迎えした当時のおもてなしを再現します。約400年ぶりの二条城大改修を実施している今,国宝二の丸御殿において当時の二条城での催しを再現し,二条城の今後の活用のあり方を考える契機とします。

2日時

平成28年10月19日(水曜日)

 京都府民・市民の皆様      第1部 午後7時30分~

                     第2部 午後8時30分~

※ 午後5時30分~7時は,各国政府関係者をはじめとするスポーツ・文化・ワールド・フォーラム招待者を招待します。

3場所

世界遺産二条城 

  国宝二の丸御殿,特別名勝二の丸庭園

4内容(予定)

 第三代将軍徳川家光が約400年前に後水尾天皇の行幸をお迎えした当時の饗応を再現します。重要文化財唐門,国宝二の丸御殿の外観のほか,今回初めて二の丸御殿内をライトアップし,各部屋では池坊専好氏による立花(りっか)をはじめ,多彩な伝統文化の催しを御覧いただきます。また大広間では,通常は開放していない障子を開けることにより,ライトアップされた二の丸庭園を鑑賞していただきます。

 各部屋には時代装束を身にまとった案内人を配置し,招待者に寛永時代にタイムスリップしたような幻想的な感覚を体感していただきます。

  

<主な催し>

 ・唐門前での篝火(かがりび),白馬の繋留(けいりゅう)

 ・蹴鞠の実演や雅楽の演奏

 ・洛中洛外図屏風,献立表(軸),銚子,茶道具,立花(りっか),能装束等の展示

(二条城行幸を描いた洛中洛外図屏風,行幸時の饗宴を記した献立表(軸),琳派意匠の京菓子,池坊専好氏による立花や能装束の展示)

 ・特別名勝二の丸庭園,各部屋のライトアップ

5京都府民・市民観覧者募集

 本イベントを御観覧いただく府民・市民の皆様1,000名を募集します。

  ※ 京都府内・市内にお住まいか,通勤・通学している方

 ⑴ 募集人数

   1,000名(第1部,第2部各500名)(入場無料,事前申込制,多数抽選)

 ⑵ 申込方法等

  電話,FAX,又は電子メールで9月27日(火曜日)から10月8日(土曜日)までに,京都いつでもコール(京都市市政情報総合案内コールセンター)へお申込みください。お申込みの際には,郵便番号,住所,氏名(ふりがな),電話番号,同伴者全員の氏名(※グループの場合は申込者を含めて3名まで),希望の時間帯(第1部又は第2部)をお伝えください。当選者には参加票を送付します。

 【京都いつでもコール】

  電話:075-661-3755 FAX:075-661-5855 ※おかけ間違いに御注意ください。

  電子メール(ホームページの送信フォームを御利用ください)

  http://www.city.kyoto.lg.jp/sogo/page/0000012821.html(PC版)

  http://www.city.kyoto.lg.jp/mobile/main/page/0000180068.html(モバイル版)

6参考

 池坊専好氏による立花の実演と能楽の披露は,招待者(各国政府関係者をはじめとするスポーツ・文化・ワールド・フォーラム招待者)のみの催しとなります。

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

お寄せいただいたご意見は,今後のホームページ運営の参考とします。

お問い合わせ先

京都市 文化市民局文化芸術都市推進室文化芸術企画課

〒604-8006 京都市中京区河原町通御池下る下丸屋町394番地 Y・J・Kビル2階

電話:075-366-0033

ファックス:075-213-3181