現在位置:

【広報資料】「京都文化芸術プログラム2020+」の策定について

ページ番号204504

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2016年8月30日

「京都文化芸術プログラム2020+」の策定について

平成28年8月30日

担当:文化市民局文化芸術都市推進室文化芸術企画課 TEL075-366-0033

 京都市では,2020年に開催される東京オリンピック・パラリンピックに向け,京都の文化芸術や奥深いまちの魅力を世界に発信していくため,「京都文化芸術都市創生計画」を補強し,強力に推進すべき事業を取りまとめた「京都文化芸術プログラム2020」を平成27年2月に策定し,様々な施策を進めてまいりました。

 この度,文化庁の移転方針の決定を受けた京都として,日本の文化芸術・ものづくり等の振興に向けて,「京都文化芸術プログラム2020(プラス)」にバージョンアップしましたので,お知らせします。

 

1 プログラムの名称

  「京都文化芸術プログラム2020+」

 

2 プログラムの期間

  平成28年(2016年)8月~平成32年度末(2020年度末)

3 プログラムの概要

 文化庁の全面的移転方針を受け,平成27年2月に策定した「京都文化芸術プログラム2020」に“日本中が文化で元気になる”という観点を「三つの方針」や「七つの視点」等の項目に盛り込み,平成32年(2020年)に向けて,“文化芸術によるまちづくり”をより一層加速させ,取組を進めてまいります。 

(主な追加内容)

 ⑴ 「3つの方針」への追加

  ・ 最上位の方針として,「京都から地方創生を実現~文化芸術の力で日本を元気に~」追加

  ・ 4つ目の方針として,「国内外との連携」追加

 ⑵ 「7つの視点」への追加

  ・ 8つ目の視点として,「つなぐ」追加

 ⑶ 「11の重要事業」への追加

  ・ 重要事業の12として,「文化庁移転方針を受けた京都として日本の文化芸術・ものづくり等の振興」追加

 

4 周知方法

 平成28年8月30日(火曜日)午後3時から,文化市民局文化芸術企画課のホームページ(京都市情報館)に公開します。なお,今後周知用の冊子を作成し,9月下旬頃から市役所,区役所・支所,京都芸術センター等に配架します。

 

京都文化芸術プログラム2020+

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

お寄せいただいたご意見は,今後のホームページ運営の参考とします。

お問い合わせ先

京都市 文化市民局文化芸術都市推進室文化芸術企画課

〒604-8006 京都市中京区河原町通御池下る下丸屋町394番地 Y・J・Kビル2階

電話:075-366-0033

ファックス:075-213-3181