現在位置:

【広報資料】「京都市美術館再整備ワークショップ~若手作家等の育成と支援に向けて~」の開催及び参加者募集について

ページ番号204394

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2016年8月23日

広報資料

平成28年8月23日

文化市民局(美術館 電話771-4107)

 京都市では,京都市美術館を将来にわたり国内外の人々を魅了する世界に誇る美術館としていくため,京都市美術館再整備事業を進めています。

 この度,次世代を担う若手作家や芸術系大学の学生等の皆様から,京都市美術館における創作活動等への支援の方向性について意見をお聞きして,再整備後の運営に活かしていきたいと考えています。

 つきましては,下記のとおりワークショップを開催し,参加者を募集しますので,お知らせします。

1 日時

平成28年9月21日(水曜日) 午後2時~午後5時

2 場所

京都市動物園レクチャールーム(京都市左京区岡崎法勝寺町 岡崎公園内)

3 募集人数

25名(申込み多数の場合抽選) ※参加費無料

4 内容

(1) テーマ「京都市美術館における次世代を担う作家の育成と支援策」

【サブテーマ1】

 若手芸術家の育成と活動支援

【サブテーマ2】

 教育機関との連携,美術館の施設・事業の活用による教育プログラムの推進

 ※詳細は,別紙サブテーマ集のとおり。

(2) コーディネーター及びファシリテーター

<コーディネーター>

 加須屋 明子(京都市立芸術大学美術学部教授)

<ファシリテーター>

 遠藤 水城 (HAPS実行委員長,インディペンデント・キュレーター)

 勝冶 真美 (京都芸術センター プログラムディレクター)

 佐野 真由子(国際日本文化研究センター准教授,京都文化芸術都市創生審議会員)

 松尾 惠  (MATSUO MEGUMI+VOICE GALLERY pfs/w代表,ギャラリスト)

 山本 麻友美(京都芸術センター チーフプログラムディレクター)

5 参加対象

若手作家,芸術系大学の学生などワークショップのテーマに関心のある方

6 募集期間

平成28年8月23日(火曜日)~9月8日(木曜日) ※9月20日(火曜日)まで募集期間を延長しています。

7 申込方法

 メール又はFAXで,以下の必要事項を明記のうえ下記8の申込先に送付してください。様式は,所定の申込書を御利用いただくか,任意でも構いません。

<必要事項>

・ 住所,氏名,年齢,所属(大学,団体等)及び連絡先(電話番号,メールアドレス)

・ 参加動機(京都市美術館や文化芸術に対する考え方など)

・ 別紙サブテーマ集の中で関心のあるテーマ及び当該テーマに対する意見

 (別紙サブテーマ集以外に関心があるテーマがあれば別途記載してください。)

8 申込み・問合せ先

〒606-8344 京都市左京区岡崎円勝寺町124番地 

京都市美術館総務課

 TEL075-771-4107

 FAX075-761-0444

 メール bijutsukan@city.kyoto.lg.jp

9 傍聴について

(1) 人数

 先着10名(記者席は別途用意しています。)

(2) 受付

 傍聴の受付は,当日,午後1時45分から午後1時55分まで京都市動物園正面エントランス前で行い,定員になり次第,受付を終了します。

広報資料

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

お問い合わせ先

文化市民局 美術館
電話: 075-771-4334 ファックス: 075-761-0444