現在位置:

【広報資料】上京区,東山区の戸籍のコンピュータ化について~平成28年9月20日( 火 )からスタート!~

ページ番号203045

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2016年7月21日

広報資料

文化市民局(地域自治推進室 電話 222-3085)

平成28年7月20日

上京区,東山区の戸籍のコンピュータ化について ~平成28年9月20日( 火 )からスタート!~

 京都市では平成24年度から5箇年計画で戸籍のコンピュータ化を進めております。

 この度,上京区及び東山区に本籍がある方の戸籍(現在の戸籍のみ)について,本年9月20日( 火 )からコンピュータによる事務を開始しますので,お知らせします。

 これにより,京都市を本籍とする現在の戸籍は全てコンピュータ化が完了します。

 また,上京区,中京区,東山区,下京区の古い戸籍(除籍,改製原戸籍)についても,平成29年3月13日( 月 )からコンピュータ化し,全ての戸籍のコンピュータ化が完了します。

1 目的

(1) 市民サービスの向上

ア 戸籍のコンピュータ化を行うことにより,婚姻等の届出に関する処理や,証明書の発行の迅速化を図ります。

イ 証明書が見やすくなるほか,京都市内に本籍とする戸籍については,京都市内の区役所,支所,出張所及び市内

 10箇所の証明書発行コーナーのいずれにおいても発行できるようになります。

ウ 京都市内で婚姻届などの戸籍の届出をする場合は,9月20日( 火 )以降は,京都市発行の戸籍謄本の添付は不要

 になります。

  ※ 転籍,分籍届については従来どおり,戸籍謄本の添付が必要です。

  ※ 京都市以外の市区町村役場が発行する戸籍謄本は引き続き添付をお願いします。

 

(2) 安全性の向上

  戸籍の副本が電子データとして法務局に備え付けられることにより,大規模災害等が発生し,区役所・支所等が被害を

受けて戸籍が滅失した場合でも,戸籍を正確かつ迅速に復元できるようになります。

2 変更点

(1) 証明書の名称及び様式が,見やすく変わります。


(2) 証明書の広域交付ができるようになります。

  現在,紙で管理している戸籍は,本籍地を管轄する区役所でしか証明書を発行できませんが,コンピュータ化後は,下表

 のとおり発行できる場所が増えます。

証明書の発行場所等
コンピュータ化の予定日発行できる証明書発行できる場所
平成28年9月20日( 火 )1 上京区,中京区,東山区,下京区の戸籍
   (除籍,昭和・平成改製原戸籍を除く。)
2 北区,左京区,山科区,南区,
 右京区,西京区,伏見区の全ての戸籍
京都市内の全ての区役所・支所・出張所及び市内10箇所の証明書発行コーナー
平成29年3月13日( 月 )京都市内の全ての戸籍

3 御注意いただきたいこと

(1) 氏名の文字表記について

   紙の戸籍上,氏名が書き癖や崩し字などで記載されている場合,コンピュータ化後の戸籍には,法務省通達で定めら

 れた 「常用漢字」,「人名用漢字」などの字体に置き換えられます。これは,法律上の氏や名を変更するものではありま

 せんが,文字の字体やデザインが変更になります。

   対象の方には,8月下旬までに郵便でお知らせします。


(2) 京都市に住民票がある方の住民票,印鑑登録証明書の氏名の記載について

   本年9月20日( 火 )現在,氏名が戸籍と住民票で異なる字体で記載されている方については,同日付けで住民票及び

  印鑑登録証明書の氏名の字体を,戸籍と同じ字体に置き換えます。詳細は平成28年10月頃に郵便でお知らせいたします

  ので,必ず御確認くださいますようお願いします。

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

お寄せいただいたご意見は,今後のホームページ運営の参考とします。

お問い合わせ先

文化市民局 地域自治推進室 市民窓口企画担当
電話:075-222-3085