現在位置:

【広報資料】伊藤若冲生誕300年記念事業「若冲こどもワークショップ~わたしたちの若冲屏風をつくろう!~」の開催に伴う参加者募集について

ページ番号202885

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2016年7月13日

お知らせ

平成28年7月13日

文化市民局(文化芸術企画課 366-0033)

伊藤若冲生誕300年記念事業「若冲こどもワークショップ~わたしたちの若冲屏風をつくろう!~」の開催に伴う参加者募集について

 京都市では,江戸時代に京都で活躍した絵師,伊藤若冲の功績を顕彰し,その魅力を発信するため,多彩な記念事業を展開しています。

 この度,次代を担うこどもたちが,命の輝きを絵画に表現しようとした若冲芸術を通じて,「生き物の命を大切にし,愛情を持つ心」を学ぶ「若冲こどもワークショップ~わたしたちの若冲屏風をつくろう!~」を,動物園にて下記のとおり開催することに伴い参加者を募集しますので,お知らせします。 

                                   記

1 日時  

   平成28年8月7日日曜日 午前10時~午前11時30分

2 場 所  

     京都市動物園(京都市左京区岡崎法勝寺町 岡崎公園内)

3 募集人数

   40名(申込み多数の場合抽選) ※参加費無料(保護者の方は要入園料)

4 参加対象

   小学生及び保護者

5  事業概要

 ⑴ 開催目的

   伊藤若冲は,「山川草木総てこれ霊あり」という思想を持ち,自然界の生きとし生けるもの総てへの慈愛に満ちた

  心の持ち主でした。

   生き物の「命の輝き」を表現しようとして生み出されたのが鮮やかな色彩を用いた若冲独自の作風です。

   若冲芸術を通して,その若冲の思想,生き物の命を大切にし,愛情を持つ心を多くの人々が共有することを願って,

  動物園にて,本事業を開催します。

 ⑵ 開催内容

  ア 伊藤若冲についてのおはなし

   (ア)「若冲のおはなし」 佐々木正子 京都嵯峨芸術大学特任教授

      「生き物の命」を大事にし,その命の輝きを絵画に表現しようとした江戸時代の絵師のおはなし

   (イ)「若冲の屏風の中の動物たち」坂本英房 京都市動物園副園長

      若冲の作品「鳥獣花木図」に登場する動物のおはなし

  イ ワークショップ「わたしたちの若冲屏風をつくろう!」

    参加者は10センチ四方の紙のボードをつなげて動物の絵を描き,屏風に見立てたパネルに貼っていきます。

    ※完成した作品は,動物園のギャラリーに展示します。

6  申込み,問合せについて

   往復ハガキに「⑴住所⑵氏名⑶年齢(学年)⑷電話番号⑸同伴保護者の有無(有 の場合は氏名)

  ⑹グループ(最大4名)で参加する場合は全員の氏名と年齢(学年)⑺返信ハガキの宛先」を明記のうえ,

  下記の申込先まで御郵送ください。

  ※申込みの締切日は,7月29日金曜日必着です。

   ※応募多数の場合は抽選します。

   ※ハガキ1枚で最大4名様までお申し込みいただけます。

   ※保護者の方も御一緒に参加いただけます。お子様と御一緒に参加希望の場合は,保護者の氏名も申込者として

  御記入ください。(保護者の方が参加されない場合でも,お子様の送迎はお願いします。)

 

お知らせ資料

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

お寄せいただいたご意見は,今後のホームページ運営の参考とします。

お問い合わせ先

京都市 文化市民局文化芸術都市推進室文化芸術企画課

〒604-8006 京都市中京区河原町通御池下る下丸屋町394番地 Y・J・Kビル2階

電話:075-366-0033

ファックス:075-213-3181