現在位置:

【広報資料】五感で感じる和の文化事業 創生劇場「やわらかなかぐら」の開催概要及び出演者募集について

ページ番号202733

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2016年7月12日

五感で感じる和の文化事業 創生劇場「やわらかなかぐら」の開催概要及び出演者募集について

ロームシアター京都オープニング事業

平成28年7月12日

担当:文化市民局文化芸術都市推進室文化芸術企画課TEL075-366-0033,京都芸術センターTEL075-213-1000,公益財団法人京都市音楽芸術文化振興財団TEL075-771-6051

 京都市では,国内の貴重な伝統芸能・文化を発信し,将来に継承するための拠点施設となる「国立京都伝統芸能文化センター(仮称)」の実現を目指し,センター機能として想定する事業を,「五感で感じる和の文化事業」として先行的に試行しています。

 この度,そのモデル事業のひとつとして,既存の分野や流派を超えた若手伝統芸能の担い手を中心に,伝統の中に新しい魅力を生み出すべく,独創的で意欲的な舞台を創造・展開していく創生劇場「やわらかなかぐら」の公演概要が決まりました。また,出演者を募集しますので,併せてお知らせします。

                                                              

1 創生劇場「やわらかなかぐら」の概要

 ⑴ 公演日等について

   ア 公演日 平成28年11月26日(土曜日)午後

   イ 会場 ロームシアター京都(サウスホール)

   ウ 演  出 杉原邦生(KUNIO主宰)

   エ 脚本 いしいしんじ

   オ 脚色 小林昌廣(情報科学芸術大学院大学教授)

 ⑵ 主催

   京都市,京都芸術センター(公益財団法人京都市芸術文化協会),

   ロームシアター京都(公益財団法人京都市音楽芸術文化振興財団)

 

2 出演者応募条件

  舞台である「こどもたちの村」の住人を演じる「こどもたち」を募集します。

 ⑴ 中学生以上。演劇経験不問

    ※ただし,自分の意志で参加し,演出家と稽古のやり取りができること

 ⑵ 未成年者は保護者による同意書をオーディション時に御持参ください。

 ⑶ 平成28年10月下旬(予定)から開始する京都芸術センターでの稽古,及び上記の公演日程に参加可能な方

 ⑷ 出演料はお支払いしません。

 

3 応募方法

 ⑴ 以下の「6 申込み・問合せ先」に記載している住所へ郵送又はメールアドレスにメールでお申し込みください。

  (申込期限)

    平成28年8月17日(水曜日)必着

 ⑵ 応募方法

    メールで応募の際は,件名を「やわらかなかぐら出演者オーディション」として,以下の内容を送信してください。

   郵送の場合は,封筒に件名を記載してください。

    ア 名前(ふりがな)

    イ 性別

    ウ 生年月日・年齢・身長

    エ 所属(劇団や所属事務所等があれば)

    オ 連絡先(住所・電話番号・メールアドレス)

    カ 志望動機(200字程度)

    キ 上半身の写真

   ※ 受付終了後,8月20日(土曜日)までにオーディションの時間や詳細をメール等に

    て御連絡いたします。以下の「6 申込み・問合せ先」に記載しているアドレスか

    らのメールが受信できるように,御自身のメールソフトの設定をお願いします。

 

4 選考日程

 オーディション日程:平成28年8月22日(月曜日)

          会場:京都芸術センター

 

5 演出家・脚本家プロフィール

 ⑴ 杉原邦生(演出)

 演出家,舞台美術家。1982年東京生まれ,神奈川県茅ケ崎市育ち。KUNIO主宰,木ノ下歌舞伎企画員。京都造形芸術大学在学中より演劇活動を開始し,2004年に自身が様々な作品を演出する場としてプロデュースカンパニー“KUNIO”を立ち上げる。2006年『yotsuya-kaidan』の演出をきっかけに木ノ下歌舞伎に参加。今後の上演として,歌舞伎座の八月納涼歌舞伎『東海道中膝栗毛』(構成)を予定。

 ⑵ いしいしんじ(脚本)

 作家。1966年大阪生まれ。京都大学文学部仏文学科卒。1996年,短篇集『とーきょーいしいあるき』刊行(のち『東京夜話』に改題して文庫化)。2000年,初の長篇『ぶらんこ乗り』刊行。2003年『麦ふみクーツェ』で坪田譲治文学賞受賞。2004年『プラネタリウムのふたご』,2006年『ポーの話』,2007年『みずうみ』が,それぞれ三島賞候補になる。その他の小説に『トリツカレ男』『四とそれ以上の国』,エッセイに『いしいしんじのごはん日記』『熊にみえて熊じゃない』『遠い足の話』など。現在,京都在住。

 

6 申込み・問合せ先

  京都芸術センター

  〒604-8156

   京都市中京区室町通蛸薬師下る山伏山町546番地の2

   TEL 075-213-1000

   FAX 075-213-1004

   E-mail  sosei-theater@kac.or.jp  URL http://www.kac.or.jp/外部サイトへリンクします

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

お寄せいただいたご意見は,今後のホームページ運営の参考とします。

お問い合わせ先

京都市 文化市民局文化芸術都市推進室文化芸術企画課

〒604-8006 京都市中京区河原町通御池下る下丸屋町394番地 Y・J・Kビル2階

電話:075-366-0033

ファックス:075-213-3181