現在位置:

大政奉還150周年記念プロジェクトの実施について ― 歴史に学び,地域でつながり,未来に活かす ―

ページ番号201142

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2016年6月20日

市長記者会見資料

平成28年6月20日

文化市民局(文化芸術企画課 366-0033)

大政奉還150周年記念プロジェクトの実施について ― 歴史に学び,地域でつながり,未来に活かす ―

 平成29年(2017年)は,武家政権が終わりを告げ,新しい国づくりへの転換期となった慶応3年(1867年)の「大政奉還」から150年の節目を迎えます。

  京都市では,この機を捉え,「大政奉還150周年プロジェクト」を実施することとし,幕末維新に京都で活躍した先人たちとゆかりを持つ都市に参画を呼びかけ,相互に交流・連携を図る事業に取り組みます。

 この度,本プロジェクトへの参画都市及び平成28年度の事業概要が決定しましたので,お知らせします。

 

1 プロジェクトの概要

 ⑴ 事業目的

   京都市をはじめ幕末維新に京都で活躍した先人たちと縁を持つ都市(プロジェクト参画都市)が相互に交流・連携を

  図りながら,以下を目的とした記念事業を実施します。

  ア 幕末,京都で活躍した先人たちの歩みを,近年の研究成果を踏まえ改めて再評価

  イ 幕末維新をテーマとした文化・観光等の振興

  ウ ア,イを通じた「都市間連携による地方創生」のモデルの構築

   本プロジェクトを通して,国の将来を案じて行動した先人たちの歴史に学び,地域でつながりながら,未来に活かす

  取組を進めてまいります。

 ⑵ 開催時期

   平成29年(2017年)1月~12月

   ※平成28年(2016年)にプレイベントを開催

 ⑶ 開催場所

   元離宮二条城(世界遺産)をはじめ

   京都市及びプロジェクト参画都市における幕末維新ゆかりの史跡,ミュージアム 等

 

2 参画都市

   欧米諸国の脅威が迫る幕末維新に,我が国の将来に思いを馳せ,京都に集まったあらゆる立場の先人たちを

  ゆかりに持つ都市に幅広く参画を呼びかけ,この度,16都市から本プロジェクトの趣旨に賛同いただきました。

   幕末維新にスポットを当てた都市間連携事業としては,過去最大規模の広がりを持つ取組です。

参画都市一覧

 

都市名

幕末維新に京都で活躍した先人たち

1

会津若松市 

松平容保(会津藩主,京都守護職),山本覚馬(会津藩士)

2

千代田区

徳川慶喜(将軍),大村益次郎(長州藩士),品川弥二郎(長州藩士)

3

品川区

坂本龍馬(土佐藩士),伊藤博文,高杉晋作(長州藩士)

4

調布市

近藤勇(新選組局長)

5

日野市

土方歳三(新選組副長),井上源三郎(新選組隊士)

6

上田市

赤松小三郎(上田藩士)

7

福井市

松平春嶽(福井藩主),橋本左内,由利公正(福井藩士)

8

桑名市

松平定敬(桑名藩主,京都所司代)

9

福山市

坂本龍馬(土佐藩士)

10

萩市

木戸孝允,吉田松陰,高杉晋作,久坂玄瑞(長州藩士)

11

下関市

坂本龍馬(土佐藩士),高杉晋作(長州藩士)

12

宇和島市

伊達宗城(宇和島藩主),大村益次郎(長州藩士)

13

高知市

山内容堂(土佐藩主),坂本龍馬,後藤象二郎(土佐藩士)

14

熊本市

横井小楠,宮部鼎蔵,河上彦斎(熊本藩士)

15

霧島市

坂本龍馬(土佐藩士)

16

鹿児島市

島津久光(薩摩藩主後見),西郷隆盛,大久保利通,小松帯刀(薩摩藩士)

17

京都市

孝明天皇(天皇),岩倉具視,三条実美(公家)

 

3 プロジェクトの推進体制 ※別紙1

   観光関係団体,経済団体,文化・学術系の団体,交通事業者等と京都市運営委員会を組織し,ともに連携を図り

  ながら幕末維新に関連した取組を進めてまいります。

   さらに,本市が中心となり参画都市間の情報共有を行う「連絡調整会議」を設け,その成果を活かした都市間連携

  事業を展開いたします。

 

4 平成28年度事業概要

 ⑴ 京都市内事業

  ア プレイベントの開催

    徳川慶喜が大政奉還を表明した歴史的舞台である二条城で開催される「京の七夕」二条城ライトアップ-2016

   (平成28年8月),二条城まつり(平成28年秋)とタイアップを図りながら,幕末を体感できる関連のイベントを実施し,

   本プロジェクトの周知に取り組みます。

  イ オープニングイベント(平成29年1月)

    大政奉還,王政復古の大号令から明治維新に関わった人々の功績やその歴史的意義について,その子孫等

   ゆかりのある関係者,学識経験者などを交え,記念シンポジウムを開催します。

  ウ 市内施設等との連携事業

    京都市内の幕末維新ゆかりの史跡やミュージアム等に,「大政奉還150周年記念」等幕末維新をテーマとした

   事業の実施を呼びかけ,相互に連携を図りながら記念の年を盛り上げてまいります。

 ⑵ プロジェクト参画都市との交流・連携事業 ※別紙2

  ア 専用ホームページの情報の拡充(平成28年6月20日~)

    平成27年度に開設した専用ホームページを活用し,本プロジェクトの取組をはじめ,京都市内及び参画都市で

   実施される幕末維新関連情報を,一元的に発信します。

    ※ホームページのトップ画面等については別紙1参照

  イ ガイドブックの作成(平成29年1月~)

    大政奉還に至る歴史のわかりやすい解説や京都の幕末維新ゆかりの史跡の紹介をはじめ,本プロジェクトの

   取組や京都市及び参画都市の幕末維新関連の取組を網羅したガイドブックを作成します。

  ウ ミュージアムスタンプラリー(平成29年1月~)

    プロジェクト参画都市の幕末維新関連ミュージアムを巡るスタンプラリーを実施します。

  エ 熊本市への支援事業(平成28年6月20日~)

    本プロジェクトでは,文化・観光の分野において,都市間連携事業を展開することとしますが,本プロジェクトに

   参画表明をいただいており,現在,熊本地震の発生により大きな被害を受けている熊本市に対して,本プロジェクトに

   おいても参画都市と連携し支援を行います。

  (ア)熊本市文化財保存修復基金のPR

  (イ)専用ホームページを通じた支援情報の発信

 

(参考)平成29年度の取組内容(予定)

 ⑴ 京都市内事業

  ・講演会,学生を対象としたワークショップの開催

  ・小・中学生,修学旅行生向けの歴史教室の開催

  ・各種展覧会(幕末特別展,岩倉具視関係資料の公開等)の開催

  ・二条城を舞台とした事業の実施 等

 ⑵ プロジェクト参画都市との交流・連携事業

  ・参画都市サミットの開催(平成29年10月)

  ・参画都市物産展の開催,ミュージアムスタンプラリーの実施 等

市長記者会見資料

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

お問い合わせ先

京都市 文化市民局文化芸術都市推進室文化芸術企画課

〒604-8006 京都市中京区河原町通御池下る下丸屋町394番地 Y・J・Kビル2階

電話:075-366-0033

ファックス:075-213-3181