京都市指定・登録文化財-天然記念物(伏見区)

ページ番号189666

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2016年4月7日

京都市指定・登録文化財-天然記念物(伏見区)

金札宮のクロガネモチ(きんさつぐうのくろがねもち)

 金札宮は,伏見区の中心部にあり,区内で最も古い神社の一つである。境内の中央部,2m四方の石柱囲柵の中に,このクロガネモチがある。樹高は10.6m,胸高幹周は2.19mで,この種としては大きなものである。クロガネモチは雌雄異株であるが,これは雌木で,冬季には枝先に見事な赤い実を多くつける。秀麗な樹形をもち,樹勢も旺盛な巨木として貴重なものである。

金札宮のクロガネモチ

御香宮神社のソテツ(ごこうぐうじんじゃのそてつ)

 御香宮神社本殿前のソテツは,西側の雌株は,分けつした幹が密生して株を形成し,旺盛な樹勢を示している。幹数は10で最大の幹は樹高3.50m,胸高幹周は1.375mに達する。

 一方,東側の雄株は,最大の幹は樹高1.80m胸高幹周0.82mと,西側の雌株に比べてかなり小さい。本来南方系であるソテツの大木が四季を通じて繁茂する様子は,洛南の古社御香宮神社を象徴する景観となっており,貴重なものである。
御香宮神社のソテツ

金剛王院(一言寺)のヤマモモ(こんごうおういん(いちごんじ)のやまもも)

 このヤマモモは,醍醐寺の境外塔頭である金剛王院の参道石段頂上にある門のすぐ南に位置する。胸高幹周3.28m,樹高9.20mあり,直径10mの円形の樹冠を形成している。国指定史跡醍醐寺境内の一部である金剛王院境内の古木として,また,食べられる実のなる木として周辺の人々に親しまれ,地域文化財的な価値は高い。
金剛王院(一言寺)のヤマモモ

関連コンテンツ

京都市内の文化財件数一覧と京都市指定・登録文化財

お問い合わせ先

京都市 文化市民局文化芸術都市推進室文化財保護課

〒604-8006 京都市中京区河原町通御池下る下丸屋町394 Y・J・Kビル 2階

電話:075-366-1498

ファックス:075-213-3366