京都市指定・登録文化財-無形民俗文化財(下京区)

ページ番号189606

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2016年4月7日

京都市指定・登録文化財-無形民俗文化財(下京区)

梅林寺ジジバイ講(ばいりんじじじばいこう)

 旧梅小路村のオコナイ行事で,梅林寺の大日堂で行なわれる。ジジバイ講は,旧梅小路村の旧家の戸主層で構成される。梅林寺住職が読経の途中,講員に榊の枝を回し,それを講員が一枚ずつ取っていく。その後,年長者による「ジジバイ,ジジバイ講」という掛け声とともに,全員が長さ20センチほどの青竹の束を持って,前に置かれた長さ3メートル余りの丸太を勢いよく叩く。かつては,行事終了後,梅林寺書院に集い,各自椀を持参し,その年最初の汁講を行なったという。
梅林寺ジジバイ講

関連コンテンツ

京都市内の文化財件数一覧と京都市指定・登録文化財

お問い合わせ先

京都市 文化市民局文化芸術都市推進室文化財保護課

〒604-8006 京都市中京区河原町通御池下る下丸屋町394 Y・J・Kビル 2階

電話:075-366-1498

ファックス:075-213-3366