京都市指定・登録文化財-無形民俗文化財(中京区)

ページ番号189602

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2016年4月7日

京都市指定・登録文化財-無形民俗文化財(中京区)

神泉苑狂言(しんせんえんきょうげん)

 明治36年,壬生狂言衆と地元の三条台若中とが協力して神泉苑大念仏狂言講社を結成し,神泉苑に狂言堂を新設して,旧来からの狂言の伝承にあたってきた。内容・形態とも壬生狂言とほぼ同じで,鰐口,笛,太鼓の囃子に合わせた身振りによる無言劇であり,演目は30番である。面,衣装その他の道具類は,すべて神泉苑大念仏狂言講社が独自に所有するもの。

神泉苑狂言

関連コンテンツ

京都市内の文化財件数一覧と京都市指定・登録文化財

お問い合わせ先

京都市 文化市民局文化芸術都市推進室文化財保護課

〒604-8006 京都市中京区河原町通御池下る下丸屋町394 Y・J・Kビル 2階

電話:075-366-1498

ファックス:075-213-3366