京都市指定・登録文化財-環境保全地区(伏見)

ページ番号189352

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2016年4月7日

京都市指定・登録文化財-環境保全地区(伏見)

藤森神社文化財環境保全地区(ふじのもりじんじゃぶんかざいかんきょうほぜんちく)

 当社は旧伏見街道の東に位置する。南の通り側に常夜燈と石鳥居を建て,これより北に参道が長くのびている。北寄りの一郭には本殿(京都市指定文化財)以下の社殿や境内社大将軍社社殿・八幡宮本殿(重要文化財),社務所等が建つ。また広い境内の南側大半には楠を主とする樹木が占め,古来著名な藤森を伝えている。当社では,毎年5月5日の藤森祭に藤森神社駈馬(京都市登録無形民俗文化財)が開催され,境内はその舞台としても貴重である。
藤森神社文化財環境保全地区

天穂日命神社文化財環境保全地区(あめのほひのみことじんじゃぶんかざいかんきょうほぜんちく)

 当社は参道が境内南東の石鳥居から西に向けて伸び,本殿や拝殿などに至る。本殿(京都市登録文化財)は覆屋に納まっており,その周囲には小祠がいくつか建っている。拝殿は万延元年(1860)頃の建築である。この境内は,和歌の名所として知られた「石田の杜」に比定されている。市街化が著しい地域にあって,本殿以下の建物が樹林の中に建ち,全体として良好な環境を保っている。

天穂日命神社文化財環境保全地区

関連コンテンツ

京都市内の文化財件数一覧と京都市指定・登録文化財

お問い合わせ先

京都市 文化市民局文化芸術都市推進室文化財保護課

〒604-8006 京都市中京区河原町通御池下る下丸屋町394 Y・J・Kビル 2階

電話:075-366-1498

ファックス:075-213-3366