京都市指定・登録文化財-環境保全地区(山科区)

ページ番号189348

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2016年4月7日

京都市指定・登録文化財-環境保全地区(山科区)

日向大神宮文化財環境保全地区(ひむかいだいじんぐうぶんかざいかんきょうほぜんちく)

 日向大神宮は九条山の中腹に位置する。境内には奥の一番高くなった一郭に内宮が,その手前一段低いところに外宮と社務所が建ち,周辺部には摂社,末社,付属舎が並んでいる。内宮,外宮の本殿はともに茅葺の神明造本殿で,江戸時代後期の建築である。本殿の前にはそれぞれ御門が建ち,その両脇に板垣が取り付いて敷地を区画している。敷地の高低差を利用したこの神社の境内構成はみごとである。本殿は京都市登録文化財である。
日向大神宮文化財環境保全地区

関連コンテンツ

京都市内の文化財件数一覧と京都市指定・登録文化財

お問い合わせ先

京都市 文化市民局文化芸術都市推進室文化財保護課

〒604-8006 京都市中京区河原町通御池下る下丸屋町394 Y・J・Kビル 2階

電話:075-366-1498

ファックス:075-213-3366