住民基本台帳カードが個人番号カードにかわります

ページ番号188922

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2015年11月11日

住民基本台帳カード交付終了について

 社会保障・税番号制度(マイナンバー制度)開始に伴い,平成27年12月28日( 月 )をもって住民基本台帳カードの交付が終了し,平成28年1月から個人番号カード(マイナンバーカード)の交付が始まります。住民基本台帳カードの交付を希望される方は,即日交付できませんので,お早めに申請ください。

 なお,12月28日までに交付された住民基本台帳カードは,カード表面に記載された有効期限までお使いいただけます。

 住民基本台帳カードの申請方法はこちら

 

住民基本台帳カードへの電子証明書交付終了について

 住民基本台帳カードの交付終了に合わせて,住民基本台帳カードへの電子証明書搭載は平成27年12月22日( 火 )で終了し,平成28年1月以降は個人番号カードに電子証明書が搭載されます。なお,従来同様,氏名・生年月日・性別・住所のいずれかが変更となった場合,電子証明は失効となります。

 確定申告で電子証明を利用される方について,住民基本台帳カードに搭載した電子証明書の有効期限が12月22日以降に切れた場合,住民基本台帳カードが有効でも個人番号カードに切り替えていただく必要があります。有効期限を確認の上,以下を御覧ください。

 

電子証明書の有効期限がすでにきれいている場合,有効期限が平成28年1月~3月の場合

 以下のいずれかの方法で申請してください。

1 12月22日( 火 )までに,住民基本台帳カードへの電子証明書を搭載する(有効期限は交付日から3年,手数料500円)

  住民基本台帳カードへの電子証明書の交付申請方法はこちら

2 個人番号カードの交付申請をする(有効期限は交付日から5年,手数料は初回無料)

 

※平成28年1月から個人番号カードの交付が始まりますが,交付申請が集中した場合,カード作成に時間を要するため交付が遅れることがあり,確定申告期間内に交付できない場合もありますので御注意ください。

 

電子証明書の有効期限が平成28年4月以降の場合

そのままお使いいただいて結構です。電子証明書の有効期限が切れ次第,個人番号カードへ切り替えてください。

 

個人番号カード交付ついて

 11月中旬から順次通知カードが発送されます。個人番号カードを希望される方は交付申請をしてください。

 ※個人番号カードは即日交付ができません。日数に余裕を持って申請ください。

 ※個人番号カードを交付する際,住民基本台帳カードは回収します(2枚を同時に持つことはできません。)

 

 

 

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

お寄せいただいたご意見は,今後のホームページ運営の参考とします。

お問い合わせ先

京都市役所文化市民局地域自治推進室市民窓口企画担当
電話:075-222-3085