現在位置:

テーマ展「蛤御門の変と「どんどん焼け」-あれから150年-」(平成26年8月9日~11月19日)

ページ番号171197

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2015年6月19日

テーマ展「蛤御門の変と「どんどん焼け」-あれから150年-」

1 開催日時

 平成26年8月9日(土曜)~ 平成26年11月19日(水曜)

  午前9時~午後5時

   ※ 休館日:月曜日,祝日

   ※ 展示替のため,8月7日(木曜)・8日(金曜)は臨時休館となります。

2 会場

 京都市歴史資料館1階展示室(上京区寺町通丸太町上る)

3 内容

 京都中心部が戦場となり,そのため京都市街に大きな火災をもたらした蛤御門の変は元治元年(1864年)7月19日に起きました。今年平成26年はそれから150年を経ました。これを機に,京都に大きな影響を与えたこの事件と火災について,歴史資料や写真パネルで回顧する展示を開催いたします。

 今回の展示では,火災の状況や復興を示す資料,それから敗走した長州軍が残した遺跡の写真パネルという二本の柱により展示を構成します。

4 展示品

 約30点・写真パネル

 (主な展示品)

 (1)どんどん焼け火災図(かわら版)  約25点

 (2)甲子兵燹図(かつしへいせんず)(蛤御門の変絵巻)  2巻

 (3)長州人戦死者慰霊碑(写真パネル)  2点

展示史料

       どんどん焼け火災図(かわら版)

5 入館料

 無料

6 展示解説

 平成26年8月21日(木曜)・9月25日(木曜)・10月23日(木曜)

   午後2時から30分程度。申込不要。

お問い合わせ先

京都市 文化市民局文化芸術都市推進室歴史資料館

電話:075-241-4312

ファックス:075-241-4012