現在位置:

京都信用金庫からの京都市動物園に対する御支援について

ページ番号168411

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2014年6月18日

広報資料

平成26年6月18日

文化市民局動物園総務課(TEL:771-0210)

京都信用金庫からの京都市動物園に対する御支援について

 この度,京都信用金庫から,下記のとおり,「京都市動物園サポーター制度」の提案型サポーターへの申出があり,第1号として認定しますので,お知らせします。

1 支援内容について

「京都市動物園におけるゾウの繁殖プロジェクト」推進への御支援として,以下のとおり寄付いただきます。

総額1億円(11年間)

内訳
平成26年度
 輸送費用への支援を中心として5千万円
平成27~36年度(10年間)
 エサ代や調査,研究などへの支援として毎年5百万円

2 今後の予定

今後,速やかに本市と京都信用金庫の間で覚書を締結し,必要な事務手続等を進めていきます。

(参考)

○京都信用金庫(理事長:増田 寿幸)
 京都信用金庫と京都市動物園,とりわけ「ゾウ」との関係は深く,昭和53年にまで遡ります。当時,京都市民に愛されていたゾウ「ルパヒ」死亡の悲報が,マレーシアに滞在されていた当時の理事長 榊田 喜四夫氏に届き,クアラルンプール市長にゾウ寄贈を御要望いただいた結果,「美都」(現在,推定43歳メス)が京都市動物園にやってきました。
 その後も,平成15年には,京都信用金庫創立80周年事業として「ゾウ舎 日陰テント」や「案内表示」を御寄贈いただくなど,温かい御支援を賜っております。

○京都市動物園におけるゾウの繁殖プロジェクト
 京都市動物園開園110周年,日本国・ラオス人民民主共和国外交関係樹立60周年を記念して,京都市がラオス人民民主共和国からゾウ4頭(雄1頭,雌3頭)の寄贈を受け,京都市動物園において,ラオス人民民主共和国天然資源・環境省森林資源管理局等の全面的な協力の下,飼育・展示及び生態や繁殖等に関する研究を行うプロジェクト

お問い合わせ先

京都市 文化市民局文化芸術都市推進室動物園

電話:075-771-0210

ファックス:075-752-1974