現在位置:

テーマ展「愛宕信仰と山麓の村」(平成26年2月1日~4月23日)

ページ番号167841

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2015年6月6日

テーマ展「愛宕信仰と山麓の村」

1 開催日時

 平成26年2月1日(土曜)~平成26年4月23日(水曜)

  午前9時~午後5時

   ※ 休館日:月曜日,祝日

   ※ 展示替のため,1月30日(木曜)・31日(金曜)は臨時休館となります。

2 会場

 京都市歴史資料館1階展示室(上京区寺町通丸太町上る)

3 内容

 火伏せの信仰として名高い愛宕信仰は,中世にはすでに盛んとなっていて,江戸時代を経て現代においても,京中の台所にはその御札を見ることができます。

 愛宕詣を目的とした愛宕講は,現在も京中で活発に行われています。

 このような愛宕信仰,そしてその核となる愛宕神社(古くは愛宕権現もしくは白雲寺(はくうんじ)と呼ばれました)を支えた膝元の村落(水尾・樒原・越畑)に焦点を当てることによって,愛宕信仰と山麓の村々の関わりを探っていきます。

4 展示品

 約50点

  (主な展示品)

   愛宕権現御札版木(あたごごんげんおふだはんぎ) 9点

   水尾村絵図(みずおむらえず) 1点 延宝7年(1679)

   越畑村絵図(こしはたむらえず) 1点 元禄12年(1699)

   樒原共有文書(しきみがはらきょうゆうもんじょ) 約30点

 

展示史料

    愛宕権現御札版木(個人蔵)

展示資料

            愛宕山御札

展示資料

愛宕神社石段脇にある宿坊長床坊(ながとこぼう)の銘を刻む石燈籠

5 入館料

 無料

6 展示解説

 平成26年2月20日(木曜)・3月20日(木曜),4月17日(木曜)   

   午後2時から30分程度。申込不要。

お問い合わせ先

京都市 文化市民局文化芸術都市推進室歴史資料館

電話:075-241-4312

ファックス:075-241-4012