現在位置:

特別展 叢書京都の史料刊行記念「桂川西岸の村社会」(平成26年4月26日~8月6日)

ページ番号165704

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2015年6月19日

特別展 叢書京都の史料刊行記念「桂川西岸の村社会」

1 開催日時

 平成26年4月26日(土曜)~ 平成26年8月6日(水曜)

  午前9時~午後5時

   ※ 休館日:月曜日,祝日

   ※ 展示替のため,4月24日(木曜)・25日(金曜)は臨時休館となります。

2 会場

 京都市歴史資料館1階展示室(上京区寺町通丸太町上る)

3 内容

 平成25年度末に『叢書京都の史料13 京郊農村の近代 葛野郡岡区事務日誌』を刊行するのを記念して,特別展を開催します。同書には,京都市西京区にある樫原公会堂が所蔵する,旧葛野郡川岡村岡区(大字岡)の事務日誌,全8冊を収めました。これは1900年代を中心とする地域運営の記録です。

 今回の展示では,「事務日誌」について理解を深めるため,その歴史的・地域的な背景を探ることにしました。樫原公会堂の所蔵文書を中心に,その周辺地域に伝わる古文書や絵図を手がかりに,近世から近代にかけての桂川西岸地域の村社会の諸相や,桂川用水をめぐる村々の関係などを見ていきます。

4 展示品

 約50点・写真パネル

 (主な展示品)

 (1)樫原公会堂所蔵文書(かたぎはらこうかいどうしょぞうもんじょ)(約25点)

    ・葛野郡岡区事務日誌(かどのぐんおかくじむにっし) 明治33年(1900)~昭和5年(1930)

    ・葛野郡岡村略図(かどのぐんおかむらりゃくず) 明治15年(1882)

    ・新村名につき願書(しんそんめいにつきがんしょ) 明治21年(1888)

 (2)下桂村今堂共有文書(しもかつらむらこんどうきょうゆうもんじょ)(7点)

 (3)津田家文書(つだけもんじょ)(6点)

 (4)山口家文書(やまぐちけもんじょ)(5点)

 (5)上桂御霊神社文書(かみかつらごりょうじんじゃもんじょ)(7点)

 

展示史料

          葛野郡岡区事務日誌

5 入館料

 無料

6 展示解説

 平成26年5月15日(木曜)・6月19日(木曜)・7月17日(木曜)

   午後2時から30分程度。申込不要。

お問い合わせ先

京都市 文化市民局文化芸術都市推進室歴史資料館

電話:075-241-4312

ファックス:075-241-4012