現在位置:

「健康で心豊かな美しいまちづくり」市民ぐるみ運動について

ページ番号164988

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2014年4月22日

「健康で心豊かな美しいまちづくり」市民ぐるみ運動(概要)

 日本経済の高度成長が進む中,京都市においても他都市同様,環境破壊や公害の発生という事態を迎えました。

 こうした中で,まちに緑をよみがえらせ,美しい川や青く澄んだ空を取り戻すために,昭和46年9月から市政の基本方針として「公害のない緑豊かな住みよいまちづくり」市民ぐるみ運動を提唱し,市民と一体となった取組を進めてきました。

 また,都市化や高齢化の急激な進展,そして住民相互・世代間の交流が希薄になってくる社会状況の変化に伴い,市民ぐるみ運動20周年に当たる平成3年度に実践テーマを見直すとともに,名称を「健康で心豊かな美しいまちづくり」市民ぐるみ運動に改め,様々な環境問題の変化に対応し,人と人とのふれあいを大切にする,より市民に親しまれる運動として展開してきました。

 運動の推進に当たっては,市民ぐるみ運動の具体的実施機関として,区ごとに設置する「区推進本部」と,実施についての統括機関として,関係局区間の連絡調整を図る「市推進本部」を組織してきました。

 現在では,関係局区において,地域の特性を生かした施策を展開しています。

成果

 百万本植樹の達成(昭和56年),空き缶条例制定(昭和56年10月)など

運動の柱・実践テーマの変遷

昭和46年9月 1.緑をまもり育てる運動 2.美しい水をまもる運動 3.青い空をまもる運動

昭和51年度  1.緑をまもり育てる運動 2.美しい水をまもる運動 3.青い空をまもる運動 4.まちを美しくする運動

昭和57年度  1.緑を育て水と空をまもる運動 2.まちを美しくする運動 3.文化とスポーツに親しむ運動

平成3年度   1.緑を育て水と空をまもろう

(実践テーマ)    ・緑をまもり育てよう ・美しい水をまもろう ・青い空をまもろう

          2.まちを美しくしよう 3.地域のふれあいを大切にしよう

市民ぐるみ運動シンボルマーク

市民ぐるみ運動シンボルマーク

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

京の木と花

 緑をまもり育てる運動を,より広く市民のみなさんとともに進めていくために,昭和47年に市民投票により「京の木と花」が選ばれました。

京の木と花

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

お寄せいただいたご意見は,今後のホームページ運営の参考とします。

お問い合わせ先

京都市 文化市民局地域自治推進室市民活動支援担当

電話:075-222-4072

ファックス:075-222-3042

メールアドレス:shiminkatsudo@city.kyoto.lg.jp