現在位置:

特別展 重要文化財指定記念「八瀬童子-天皇と里人-」(平成24年12月15日~平成25年1月14日)

ページ番号150725

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2015年6月4日

特別展 重要文化財指定記念「八瀬童子-天皇と里人-」

 京都市歴史資料館では,京都府,京都府京都文化博物館並びに日本経済新聞社との共催により,「重要文化財指定記念 八瀬童子-天皇と里人-」を開催しました。

1 会期

 平成24年12月15日(土曜)から 平成25年1月14日(月曜・祝日)まで

2 会場

 京都府京都文化博物館3階総合展示室(中京区高倉通三条上る)

3 内容

 平成22年に重要文化財に指定された「八瀬童子関係資料」(741点・京都市寄託)のうち主だった資料を総合展示し,八瀬童子の歴史と文化の全貌を紹介する。

4 展示品

 主な展示品

   ・木造十一面観音立像(重要文化財)平安時代

   ・後醍醐天皇綸旨案(重要文化財)南北朝時代

   ・後土御門天皇綸旨(重要文化財)室町時代

   ・後柏原天皇綸旨(重要文化財)室町時代

   ・織田信長朱印状(重要文化財)安土桃山時代  など約70点(予定)

5 主催

 京都府,京都府京都文化博物館,京都市歴史資料館,日本経済新聞社

6 協力

 社団法人八瀬童子会

7 協賛

 ニューリー株式会社

8 後援

 京都市教育委員会

9 入場料

 一般500円(400円),大学生400円(320円),小中高生無料

        (  )は20名以上の団体料金

お問い合わせ先

京都市 文化市民局文化芸術都市推進室歴史資料館

電話:075-241-4312

ファックス:075-241-4012