現在位置:

テーマ展 「新・京のかたちⅣ-東山のながめ-」(平成24年10月27日~平成25年1月30日)

ページ番号150722

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2015年6月4日

テーマ展「新・京のかたちⅣ-東山のながめ-」

1 会期

 平成24年10月27日(土曜)から 平成25年1月30日(水曜)まで

2 会場

 京都市歴史資料館1階展示室(上京区寺町通丸太町上る)

3 内容

 京都市民が愛する東山の景観について,二つの主題を設けて展示会を開催しました。

 一つは「蒲団着て寝たる姿や東山」と表現される東山のなだらかな山容が,江戸時代後期に人々の心に定着していく姿を,当時の絵画を中心に示します。

 もう一つは,明治時代に入り京都が国際的な観光都市として整備されていくなか,東山の観光地整備,円山公園の拡張を主張し,実際に私費を投じて道標建立や道路整備を行った,中井(なかい)三郎(さぶろ)兵衛(べえ)という実業家の足跡を紹介します。こちらは現在も残る道標などの写真を中心に展示します。その足跡は現在の東山トレイルコースのあちこちに散在し,今なお市民の楽しみに花を添えています。

4 展示解説

 平成24年11月22日(木曜)・12月20日(木曜),平成25年1月17日(木曜)

    午後2時から30分程度。申込不要。

5 展示品

 主な展示品

   ・花洛一覧図(東山の山容を楽しめる江戸時代中期の絵,横山崋山(よこやまかざん)原画)

   ・京都一覧図画(「花洛一覧図」に触発された東山を背景とした京都の観光図,五雲亭貞秀(ごうんていさだひで)原画)

   ・東山図(現代の鳥瞰絵師 竹村俊則 が描いた東山)

花洛一覧図


         「花洛一覧図」

東山図


           「東山図」

お問い合わせ先

京都市 文化市民局文化芸術都市推進室歴史資料館

電話:075-241-4312

ファックス:075-241-4012