窓口での請求

ページ番号145604

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2017年8月3日

取扱証明書の種類

  1. 戸籍謄本(全部事項証明書),戸籍抄本(個人事項証明書)
  2. 除籍謄本(全部事項証明書),除籍抄本(個人事項証明書)
  3. (昭和・平成)改製原戸籍
  4. 受理証明書
  5. 身分証明書

    (禁治産又は準禁治産の宣告通知を受けていない,後見の登記の通知を受けていない,破産宣告の通知を

    受けていない,破産手続開始の決定が確定した旨の通知を受けていないことを証明したもの)

    6.   独身証明書

    7.  戸籍の附票

        (注) 京都市の戸籍は全てコンピュータ化されています。詳しくはこちらを御確認ください。

         ※ コンピュータ化により,コンピュータ化前に死亡,婚姻,離婚などによって戸籍から除かれた方について

          は,原則として戸籍謄本(戸籍全部事項証明書)には記載されませんので,平成改製原戸籍を取得して

                     いただく必要があります。

請求できる方

【1,2,3の証明について】

 本人,配偶者,直系尊属・卑属(父母,祖父母,子,孫等),その戸籍に記載のある方(※婚姻後の兄弟姉妹の戸籍は,請求することができません(自己の権利行使又は義務履行や国の機関等に提出する場合等の第三者請求を除く。)。)

【4の証明について】

 該当する戸籍届書の届出人

【5,6の証明について】

 本人

【7の証明について】

 本人,配偶者,直系尊属・卑属(父母,祖父母,子,孫等),その戸籍の附票に記載のある方

 ※ 1~7のいずれも,請求できる方から依頼された代理人による請求も可能です(委任状が必要。)。

請求場所

【1,2,3,5,6,7の証明について】

 京都市内を本籍とする戸籍関係証明書については,京都市内の区役所・支所・出張所及び各証明書発行コーナーのいずれでも請求可能です。

【4の証明について】

 請求する戸籍届書を提出した区役所・支所市民窓口課又は出張所 (※証明書発行コーナーでは発行できません。)

  ※ 区役所等へのアクセスはこちら,各証明書発行コーナーへのアクセスはこちらで御確認ください。

請求に必要なもの

  • 戸籍関係証明書交付請求書 (上記1,2,3,4,7の証明が必要な場合)
  • 行政証明交付請求書  (身分証明書,独身証明書が必要な場合)
  • 請求者の本人確認書類  (代理人の場合,代理人の本人確認書類)

      ※ 詳しくは下記「本人確認書類」を御覧ください。

  • 代理人の場合,請求できる方からの委任状

 その他,戸籍に記載のある人との親族関係が確認できる資料(請求者の戸籍謄本等) が必要な場合があります。

   ※ ただし,請求先の区役所に保管している戸籍等で親族関係が確認できる場合は不要です。

本人確認書類

1点でよいもの

運転免許証,パスポート,マイナンバーカード,住民基本台帳カード(顔写真の貼付されたもの),療育手帳,身体障害者手帳等官公署が発行した身分証明書で写真を貼り付けたもの

2点必要なもの(ア+ア又はア+イの組み合わせに限ります。)

ア 健康保険証,年金手帳,公的年金証書,住民基本台帳カード(顔写真のないもの),敬老乗車証,

   生活保護受給者証明書等官公署が発行した本人確認書類


イ 学生証,社員証等

 

 ※ マイナンバーの通知カードは本人確認書類として使えませんので御注意ください。

手数料

【1の証明について】 1通につき450円
【2,3の証明について】 1通につき750円
【4の証明について】 1通につき350円(上質紙による受理証明書は1通につき1,400円)
【5,6,7の証明について】 1通につき350円

 

お問い合わせ先

 

詳しくは,各区・支所市民窓口課,出張所へお問い合せください。

※他市町村にお住まいの方で,個別具体的なお手続についてはお電話での回答が難しい場合がありますので,最寄りの市区町村役場に御相談ください。

 

戸籍の請求に関する一般的なお問い合わせは,いつでもコールやFAQを御利用ください。

よくある質問FAQ

いつでもコール:075-661-3755 (年中無休 朝8時~夜9時)

 

このホームページに関するお問い合わせ

京都市役所文化市民局地域自治推進室市民窓口企画担当

電話:075-222-3085

 

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

お寄せいただいたご意見は,今後のホームページ運営の参考とします。